知育

3歳までにやるべきこと!親がしてあげれる遊びのリスト

こんにちは、alpapa(アルパパ)です。(@alpapa11)

毎日どんな遊びをしたらいいかなぁと考えてるママへ。

3歳までに、毎日の遊びにどんな事を取り入れてあげるといいか?
効果的な遊び・工夫の具体例を紹介します。

Sponsored Links

3歳までの特別な時期に、ママが赤ちゃんにしてあげれること

脳の80%が完成する3歳までの間、ママはなるべく

■ 新しい刺激に多く触れさせる、
■ 質の良いものに多く触れさせる、
■ ワクワク・楽しい体験を多くする、

これらの事を気に留めて遊ばせてあげてください。

可能なら、いろいろな所や自然に出かけ、
新鮮で良い刺激に触れさせてあげるのが理想的ですが、ここでは日常のくらしの中で簡単にできる事から紹介していきます。

具体例その①

  • □ 賢くなる!一歩上の声がけ
  • □ 子供の「これなーに?」はしっかり答える
  • □ 「ダメ」という代わりに「できる」と前暗示
  • □ 言葉は魔法だと知る
  • □ フラッシュカードで遊ぶ
  • □ 絵本をたくさん読む
  • □ ドッツカード・ドット棒で遊ぶ
  • □ 幼児塾に通うなら「選び方のコツ」

具体例その②▶︎

賢くなる!一歩上の声がけ

「質のいい声がけは質のいい脳をつくります」

日常の声がけ・会話には、
質のいい一歩上の説明をいれてあげましょう。

質のいい声がけとは何かというと、例えばこんな事です。

赤ちゃんや幼児は車の走っているのを見ると、
「ブーブー」など言ったり指差し始めます。

これをママは
「ブーブーだね〜(*^^*)」で終わらせず、

「そうだね、ブーブーだね」(※まずは肯定、否定はしない)

「あれは白のタクシーだよ、前から2台きたねー、ゆっくり走ってるね、右に曲がっていくね」

「ジージの車と同じ色だね」

こんなふうに、
正しい名前、数、色、速さなどの状況や説明を加えてあげてください。

このように自分から発した言葉に対して、さらに言葉のシャワーを浴びさせてあげてください。

この説明は役に立つこと、美しい内容だとさらにGOODです。

公園を散歩する時などに、季節に関する事柄、行事や文化的な事を伝えていくと、語彙と共に情感を育ってていきます。

例えば、
公園の桜の木を一緒に見ながら

「最近あたたかくなってきたね、もうすぐ桜が咲きますよ、みんなでお花見に行こうね、神社で桜祭りもあるよ、楽しみだねー」など

日常の美しいこと、楽しい行事や文化について教えてあげてください。

こいうった何気なに日常で、一歩上の会話を心がけていきましょう。

ママは赤ちゃんにいつも言葉のシャワーを浴びさせて脳を活性化させてあげてください。

そして赤ちゃんへは、
身の回りの出来事を常に実況中継してあげるくらい話しかけてあげてください。

0~1歳のうちはまだ反応が薄いので独り言をずっと言ってて虚しく感じることもあるかもしれませんが、

3歳までは潜在意識にバリアがなく、入ってきた情報はすべて潜在意識に入り、子供の心と思考のベースとなります。

どんな子に育ってほしいか=どんな情報(言葉)を入れてあげるか。です。

こちらの記事で
質の良いい言葉がけが質の良い脳と心を作る事ついて紹介しています▼

子供の「これなーに?」は、しっかり答える

たとえ難しい事でも、流さず質問を受け止めてあげることが大切です。

どうせ言ってもわからないからと思い「なんだろねぇ〜」と適当に流したくなります。

そしてまともに説明しても、
すぐに興味は他に移り、全く聞いてない!(ように見えて実は聞いているのが子供の脳)

おそらくほとんどの方が思います
「1歳児にそんなこと言ってもわからないから、理解できる年になってからしっかり教えればいい」

しかし、
0~3歳は内容がわかる・わからないに関係なくインプットされますし、難しいことでも聞くという姿勢が身につく時期

右脳優位で生きている3歳以下の脳は、ものごとを取り入れるのにわざわざ理解を必要としません

ただ、伝えてあげれば、どんどん貯蓄されていくのです。
そして、膨大な容量ですのでアレコレ教えてもパンクすることはありません。

また、このように子供の「何?」を軽く流したり、会話を浅く幼児期を過ごすと、

それが何か理解できる5~6歳になってからは聞く耳もたない、小難しい説明はめんどうがって聞きたがらない、という子になりやすいです。

態勢は急には身につかないんですね。

また、
2~3歳ごろからの「これなーに?」「なんでそうなるの?」には、毎回全てを教えてしまわず『考えさせる・想像させる』ということも大切です。

個人差はありますが、子供の経験が豊富になってきたころには、「これ何?」と聞かれても、すぐに答えを教えてしまわず「あら、これ何だろう〜何だと思う?」と、質問を投げ返して自分なりに考えさせてみたり、

「ママもわからないから、一緒に本で調べてみようか」と自主学習の土台を作ってあげたり返答にも工夫をしてみてください。

幼児は、ちょっとだけ難しい事が好きです。

Sponsored Links

「ダメ」という代わりに「できる」と前暗示

「ダメ!」はなるべく言わない事が理想的です。

否定的な言葉はできるだけかけたくないですが・・・
イヤイヤが始まるとダメなことばっかりします。

そんな時は、ダメの代わりに「〜できる」「前暗示」をかけた話し方をしてあげてください。

例えば、

「椅子の上で立っちゃダメ」→「椅子に上手に座れるね。お行儀がいいね」  

「おもちゃをとっちゃだめ」→「仲良く遊べるね、お友達にどーぞしてあげれるね」  

「手で食べちゃダメ!」→「スプーンで上手に食べれてスゴイね!」

また前暗示といっても、
たとえばよくケンカしてしまう子には、

「今から児童館行くけど、おもちゃ貸してって言われたらなんて言う?」

「一緒に遊ぼうって言おうか」

こんな風に、前もって言っておくだけでも効果はあるんです。

もちろんイヤイヤ絶頂時は、何を言っても盛大にイヤイヤしてくれますが、ここは親も人格が試されるところです。

「言っても聞かないしやってられない!」と投げ出さず、親が愛情をもって伝え続けることで子供が変わっていきます。

フラッシュカードで遊ぶ

フラッシュカードは、知育に興味のある方なら一度は聞いたことがあるかもしれませんが、多くの情報を一度にインプットさせ、右脳を活性化する遊びです。

文字や絵のカードを素早く次々と見せていきます。

フラッシュカードをする効果は、

■瞬時に見たものを記録する回路を活性化して作ってあげること。

■子どもの記憶力を質の高いものにしてあげること。

■言葉のシャワーで語彙を増やす

が効果として挙げられています。

フラッシュカードで検索してみると弊害についての話がでてきますが、自宅でママがカードを見せる程度で弊害がでることはありませんのでご安心ください。

やってみるとわかるように、ほとんどの場合、全然おとなしくみてくれません (笑)

では、何なら見てくれるかというと子供の好きなものです。

ですので、
子供が何かに興味をもったタイミングで遊びに取り入れるのがおすすめです。

3歳までに絵本をたくさん読む

絵本の読み聞かせが子供の心と脳を育む効果は絶大です。
「絵本は子供の語彙力と世界を広げる最強の教材」と言われています。

“だっこされてママの声で物語を聞く”  この習慣とスキンシップはこどもの心を安心感で満たし、ストレス耐性もアップさせます。

子どもは耳でママの話を聞きながら、目で絵を読み頭で想像力を広げます。
次のページへいくまでの場面を想像力でつなぎます。

絵や状況を読むみとる力想像力とイメージ力を育ててくれるのが、絵本の世界です。

こうしていくと、
赤ちゃんは感情表現が豊かになり、1歳前後には語彙力に反映されます。

言葉が早く語彙が豊富な子は、感情を伝えることができるのでイライラが減り、2~3歳で癇癪を起こす頻度も減ります。

また、絵本は1日何冊か?
というと、理想は1日10冊と言われています。

「1日に10冊も!?」
と思うかもしれませんが、読み始めてみると絵本の10冊はあっという間です。

読んであげる事でママの幸福度も上がるので、絵本はたくさん読んであげましょう。

ドッツカードやドット棒で遊ぶ

幼児の数学的センスを育てるならドッツカードとドット棒がおすすめ!

量感、数を集合体として捉える感覚を育てます。

幼児があっというまに数、量、足し算、引き算をイメージできるようになります。

あって邪魔になる能力ではないのでぜひ遊びにとりいれてあげてください。
特にドッツカードは0歳が始めるのが最適、2~3歳からでは遅いように感じます。

ドッツカードとドット棒について詳しい説明はこちらの記事をご参考ください。

幼児塾に通うなら「選び方のコツ」

プロの指導を!と考えるなら幼児塾もオススメです。
もし子供にぴったりのお教室と出会えれば、子供の才能は引き出しやすくなります。

0~3歳のお教室はとても多く、私のご近所さんたちも0~3歳でスイミングや幼児塾、英語リトミックなど何かしら習い事をしている子が過半数です。

しかし、多すぎてどこがいいのかわからない!という時に選び方の決め手となる2つの条件はこちらです。

  1. 保護者指導が熱心な塾
  2. 個人に合わせてアドバイスをくれる塾

この2つが充実している塾を選んでください。

良い幼児塾では、学習面のアドバイスだけでなく、例えば離乳食やしつけ、子育ての悩み相談など、幅広く指導してくれるので、初めての育児では、かなり心強い存在となります。

続いて、

□ 幼児のイメトレ・ごっこ遊び

□ 毎日たくさん褒める・叱り方に気をつける

□ いろいろな遊具で遊ばせる・運動神経は6歳までの遊びで決まる

□ リアル体験・アナログ体験を多くさせる

□ 何かに熱中している時には邪魔しない、ハマり体験を見逃さない

□ 子供が将来なってほしい姿を見せる

□ テストしない、強制しない

については、
3歳までにやるべきこと具体例②をご覧ください。

Sponsored Links
オススメ記事