知育

ひらがなはいつから読める?調査結果⇒年少3歳で70%、年中4歳で89.7%

ひらがなはいつから

こんにちは、alpapa(@alpapa)です。

『ひらがなはいつから読める?』
『平均で何歳?』

ひらがなが読める年齢というと、
だいたい3歳ごろかな?
というイメージがありますが、実際の調査結果ではこのように出ています。

以下、文部科学省の調査より
『かな文字を読める』のは▼

【年少児】
男児・・・58.9%
女児・・・70.0%

【年中児】
男児・・・81.9%
女児・・・89.7%

【年長児】
男児・・・92.1%
女児・・・97.7%

【参考】文部科学省「幼児教育実態調査/2.子供の発達の状態(16p)」より

だいたい一般的な予想通りですね。
この中でも『自分の名前をひらがなで書ける』子は▼

【年少児】
男児・・・31.8%
女児・・・59.6%

【年中児】
男児・・・77.4%
女児・・・94.1%

【年長児】
男児・・・96.5%
女児・・・98.8%

という結果になっていました。

1歳半〜2歳でもひらがなを読める子も見かけますが、このデータを見る限り、とりわけ急がなくても多くの子が3歳年少で読めるようになっている結果です。

では、3歳〜5歳でも
まだ読めない子は発達が遅いのかというと、そうではなく単に
・文字に興味がない
・親が教えていない
という事が大きいです。

幼児の吸収力はすさまじく、
一度興味を持ったらあっという間に覚えてしまうので、能力の問題ではなく「興味をもつかどうか」の差が一番の要因と考えられます。(なので周りと比べなくてOKです)

では、
ひらがなに興味をもってもらうには?▼

Sponsored Links

ひらがなはいつから?読み書きに興味をもたせる方法

練習用のあいうえお表

ひらがなに興味をもってもらうには、
●遊びの中に取り入れる
●絵本を使う
●「読む」の存在を教える
●絵日記
これらがオススメです。

日常の遊びの中でさりげなく目に入るよう、あいうえお積み木ひらがな表は地味に効果があります。

オススメのあいうえお積み木7選▼
《知育効果のあるひらがな積み木》かわいい絵は効果なし?選び方のコツ

ひらがな絵本もおすすめです。
寝る前に絵本を読んでいるなら
パラパラと数ページ見せるだけでも自然と記憶に定着していきます。

おすすめはこの2冊▼
『ひともじえほん』は興味をもたせるには◎、『むしのあいうえお』はシンプルな文章入りで、ひらがなを覚えた後の音読にも長く使えて◎です。

また、はじめてひらがなを教えるに
当たり前すぎてあたり見落としがちな事は、

『読む』ということの存在に気付かせる

ということです。

どんな子も世の中に「読む」という行為があると知るまでは、とくに読む事に興味を持ちません

引用元「赤ちゃんに読みをどう教えるか」/(著)グレン・ドーマン


『文字は読むもの』というのは
大人にとっては当たり前ですが、
この世に生まれてまだ数年の子は「読む」という行為の存在すら教えないと知りません。

もし、誰かが何かを読んでいる姿を一度も見た事がない子は、文字を読むものという事すら気づいていないと思います….。

子供の前で積極的に読書しましょう。
絵本の読み聞かせも◎です。

引用元の本はこちらです。
0歳から文字を教える場合、参考になる本です▼

追加で、
ひらがなの読みはできても
書く方の練習がなかなか進まない場合は『絵日記』をつけるのがおすすめです(なぞり書き練習は不要でした)。

たとえば、
「○がつ△にち、こうえんでAちゃんとあそんでたのしかったです。」

こんなシンプルな一文でもいいので、
1日の楽しかった事自分が言いたい事を書くほうが、すすんで書いてくれます。

3歳〜6歳に絵日記帳を選ぶ時は
こんなふうに、1マスずつ区切ってあり少ないマス数のものがおすすめです▼


ジャポニカ、、
なつかしい。。
これ、昭和生まれのママでも見覚えがありますね。
詳しくはこちらをどうぞ▼
ひらがなを書く練習は何歳から・どうやって?楽しんで書くオススメ練習法

ひらがな・カタカナが読めると、
図鑑や道の標識、駅名などすすんで読むようになりますし、子どもが自分で調べて見つける事が増えるので、子どもの世界が広がります

ぜひ、いろいろ取り組んでみてくださいね。

参考までに、3歳1ヶ月で自然と
ひらがなが読めるようになった方法▼
3歳でひらがなをどうやって覚えた?自然に覚えた教え方と体験談

オススメ記事