アート&音楽

美しい絵本・アート系の絵本【子供に読み聞かせたいオススメ絵本】

子供が喜ぶ美しい絵本

こんにちは絵本大好きalpapa(アルパパ)です。(@alpapa11)

幼児期の子供に読み聞かせたい
美しい絵本・アート系の絵本の紹介です。

絵本の読み聞かせをしていて、
子供ウケがよかった絵本のみセレクトしました。

Sponsored Links

子供に読み聞かせたい【美しい絵本

『あおのじかん』

イザベル・シムレール/著 岩波書店

《絵本の紹介》
空の青がゆっくりと深くなって眠りにつくまでの時間、美しい青い生き物たちが、夜を歓迎する様子が、シンプルな言葉のリズムで描かれています。
心が穏やかになるエンディングで、寝かせつけに最適な美しい絵本です。

同著者の「はくぶつかんのよる」「ゆめみるどうぶつたち」もおすすめです。

『海とそらがであうばしょ』

テリー・ファン/著 化学同人

《絵本の紹介》
大人も子供も思わず見入ってしまうような、美しい幻想世界の絵本。海とそらが出会うメインとなる数ページは、言葉がなく絵だけで表現されているので、子供が「クジラが泳いでるから海だ、お月様がいるから空だ」とまじまじと細部まで眺めていました。

マップス 愛蔵版 新・世界図絵』

アレクサンドラ・ミジェリンスカ&ダニエル・ミジェリンスキ/著 徳島書店

《絵本の紹介》
ポーランドの人気絵本作家が長年かけて手がけた世界地図絵本、眺めているだけでわぁ〜となる、幼児から大人まで楽しめる絵本です。お値段は4950円とお高い!のに世界300万部突破のベストセラーでどんどん売れている絵本。確かに、開くと人気の理由がわかります。

『おどりたいの』

富福まきこ/著 岩波書店

《絵本の紹介》
「わたしもおどりたい」バレリーナに憧れた子うさぎが、チュチュを着ておどります。楽しげな様子に森の仲間も集まってきて・・・なんとも美しい月夜の森のステージになります。

『いしのはなし』

ダイアナ・アストン/著 ほるぷ出版

《絵本の紹介》
「これなんだ?」「どれがすき?」美しい石が次々登場し、石って不思議でおもしろい!と子供の好奇心をそそります。石の説明もしっかりされてますが、イラストがキレイで眺めているだけでも飽きない一冊。

同シリーズの「たまごのはなし」「チョウのはなし」もおすすめです。

『かようびのよる』

デイヴィット・ウィーズナー/著 徳間書店

《絵本の紹介》
ほとんど言葉のない不思議な絵本。
火曜日の夜に起こった不思議な出来事、、この絵本はなぜか子供に大ウケでなんども「読んで!」と言われました。 でも、読むところないんですけど!文字がないせいか「カエル飛んだー!」と、この絵本を見ている間は子供がしゃべりつづけるという絵本です。

絵本の読み聞かせに飽きた方にオススメの絵本。

『どんなきもち?』

ミース・ファン・ファウト/著 西村書店

《絵本の紹介》
1ページに1匹の魚と「きもち」を表す一言、ワクワク、もじもじ、ドキン!と魚の表情も色使いも刺激的です。この絵本は言葉を覚えたての頃によく読んだのですが、色も言葉も刺激的なのか、魚をみてすぐ「きもち」を覚えてしまいました。きもちを言葉で表す手助けになる絵本です。

『いろがみの詩』

とだ こうしろう/著 戸田デザイン研究所

《絵本の紹介》
開くと見開きの1ページに「色」と「うた」の連続のシンプルな絵本。トーナルカラーカードを絵本にしたような、0~4歳の子の色彩知育にもなる一冊です。同出版社から出ている「22の色」もオススメ。
以下に少し引用します。

あか

あかはあさひのいろ
ゆうひのいろ
わたしの からだを ながれる
いのちのいろ

引用元:いろがみの詩/とだこうしろう(著)

『123』『ABC』

ウィリアム・モリス/著 東京書店

《絵本の紹介》
モダンデザインの父と呼ばれるウィリアム・モリスによる美しいデザインのファーストブック。「123」「ABC」とあり、色の識別を始めた赤ちゃんがパラパラと眺めるにもオススメの美しい絵本です。
赤ちゃんへのプレゼントにもオススメ。

『くもさんなにをみた』

アンナ・ツスソウバ/著 学研プラス

《絵本の紹介》
知りたがりやの小さい雲が主人公、風にたのんで遠くまで飛ばしてもらった雲がいろんな光景を見ます。イラストレーションがかわいい癒し系の絵本です。寝る前の読み聞かせにオススメの一冊。

『金の鳥』

八百板 洋子/著 BL出版

《絵本の紹介》
金の鳥をさがす三人の王子の冒険の話です。ブルガリアの幻想的なむかし話と美しい絵、2~3歳には少し長いかな?と思ったのですがまじまじと絵を眺めながら何度も読んでと言われた一冊です。

『コーベッコー』

スズキコージ/著 BL出版

《絵本の紹介》
言わずと知れたスズキコージさん、何故か子供に大ウケするスズキコージさん、うちの娘も好きコージワールド。所々、意味わからん!という所が魅力なアート系絵本。

『ももたろう・笑本おかしばなし』※注

ガタロー☆マン/著 誠文堂新光社

《絵本の紹介》
例外的に紹介します。
漫☆画太郎先生が絵本を出してしまいました。さすがの画太郎先生も絵本なら…と思いましたが相変わらずの画太郎ワールドです。読み聞かせる前にママがご確認を。笑う子がほとんどでしょうが、一定数泣くと思います。うちの子は後者タイプなので…内容を確認後、踏みとどまりました。もう少し大きくなってからかな!

『タラブックス』

インドのハンドメイド絵本/タラブックス

《出版社の紹介》
シルクスクリーンで作られるタラブックスの絵本は、どれも美しい作品で「奇跡の出版社・世界を変える美しい本」と呼ばれています。本当にどれも美しく、まさに作品!タラブックスの展示会もよく開かれているので、ギャラリーで見て楽しむのもオススメです。

こちらの記事は、
オススメを見つけるたび更新しております、また起こしください

美しい絵本と合わせて、
子供と遊びたい美しい積み木もどうぞ▼
【デザインが美しい積み木】知育にもおすすめ国産・世界の積み木

考える力を育てるオススメ絵本はこちら▼
考えさせる絵本・3歳の『思考、想像、疑問』を誘い出すオススメ絵本

絵本が苦手な子にもオススメできる本▼
絵本の読み聞かせが嫌い、聞かない子に試してほしい【子供の声の本】

絵本の読み聞かせ、その効果は?▼
【絵本の効果】読み聞かせで育った子が小1になったら?絵本は何冊か

オススメ記事