想像力・脳トレ

幼児の記憶力トレーニング【記憶カードゲーム】2歳からの知育に◎

幼児の記憶力

こんにちは、alpapa(アルパパ)です。(@alpapa11)

幼児教室では定番の脳トレ!
子供の記憶力をぐんぐん伸ばすトレーンング方法をご紹介します。

幼児期からこれをやってた子たちを塾で見ると、6歳になる頃には「天才?」と思うレベルの記憶力が育ってます。

幼児教室では0歳から行われますが、
やってみた感じ家庭では1歳半〜2歳からがオススメです。

Sponsored Links

幼児の記憶力トレーニング『記憶カードゲーム』とは?

『記憶カード』とは、
絵カードを並べてお話を作りながら記憶していくゲームです。

記憶カード
記憶カード

「ことば遊び、お話カード、記憶訓練ゲームetc」などいろいろな呼び方がありますが、どれも内容は同じです。

幼児の記憶力を高めるゲームとして行われ、2歳で20枚、3歳で30枚ほど記憶していくようになります。

各社から記憶トレーニング用のカードも販売されていて、購入するといろいろな遊び方の説明もついてきます。

古くから幼児のトレーニングとして定番のようで、七田塾、イクウェル、キッズアカデミーetc子供の幼児塾探しの時に体験レッスンを受けたどの塾でも行われていました。

それでは詳しい遊び方を紹介していきます↓

記憶カードを使った記憶力トレーニング方法

王道の遊び方を紹介します。
お話で覚えていく『リンク法』での記憶ゲームです。

並べた絵カードを
お話を作ってリンクさせていく記憶法で、
まずは3枚からスタートしていきます。

実際に行ってみるとこんな感じです▼

幼児の記憶力トレーニング方法1

例)りんご、えんぴつ、バナナ、
の絵カードを並べます。

幼児の記憶力トレーニング方法2

ママがお話を作りながら絵をリンクさせていきます。
どんな話をつくってもOKです。

多少インパクトのある話の方が覚えやすいですし、「おいしい」とか「冷たい」など五感を取り入れた方がイメージしやすくオススメです。

幼児の記憶力トレーニング方法3

カードを隠します。
ひっくり返すか、上からナンバーカードをかぶせたりして隠します。

幼児の記憶力トレーニング方法4

「さあ、お話おぼえてるかな?」
「1番最初は何の絵だった?」

こんな感じで行います!

カードは固定せず、
毎回新しいカードの組み合わせで新しい話を作ります。

0~1歳のうちは親が親やって見せます。
「こうやって記憶していくと覚えやすいよ」というお手本を見せるようにやって見せてください。

2歳すぎになると、
だんだん自分でお話をつくるようになり、カードの絵も順番もしっかり記憶しています。

記憶カードの使い方

3枚が簡単に当てられるようになったら、
4枚、5枚と枚数を増やしていきます。

このころ、
カードの絵柄はできるだけ語彙の範囲から出すほうが自分でお話をイメージしやすいです。

自分でお話をつくれなくても、
親がつくって聞かせれば記憶できるなら増やしてOKです。

この場合は
「最後の3枚だけ自分でお話つくってみようか」など少しづつ自分で話を作れるカードの枚数を増やしていきます。

お話や絵が思い出せず止まってしまった時は、長々と考える時間を与えず「〇〇でしたー!」と種明かししてしまってOKです、テンポよく楽しく進めましょう。

このゲームはコツコツ続けていると、
3~4歳には初見で30~50枚ほどこなすようになります。

10枚を超えたら、
2段にするのがやりやすいです、5,10,15など区切りのよいところで次の段にするのがGOODです。

記憶カードの並べ方

30枚を超えると、
テーブルや床に並べるのが大変なのでフラッシュカード形式で行ってもOKです。(こっちの方が難しいようです)

記憶カードの使い方2

うちも記憶カードは続けていますが、
さすがに毎日はしておらず、2歳半くらいから週に2~3回です(たまに数週間サボります…)。

現在3歳で、初見で20枚ほどは記憶しますが、カードの種類やお話のインパクトによっては15枚くらいで「うーん..何だっけ?」となります。

一緒にお話を作ることもあるのですが、
ぶっ飛んだ変な話にする方がスラスラ覚えます。

コツコツやっている塾のクラスメイトは3歳で40枚以上スラスラ記憶しているので、やはり継続は力なり!ですね。

塾の先生いわく
「3歳で30枚は決して難しくはないですよ、6歳には100枚近くできますよ〜」とサラッといいます…どんなトレーニングでも継続と、幼児の間は親のがんばりも大切です(汗)

カードはあくまでトレーニングで、
日常で見聞きする記憶力もぐんぐん伸びてきてます。

ちなみに七田の記憶訓練カードは対象年齢0~6歳で目標40枚と書いてありましたので、一般的に6歳までに40枚はこなせる、という感覚なんだと思います。

記憶カードは、
他にも神経衰弱のように遊んだり、いろいろな遊び方があります。

フラッシュカードも代用できますが、
裏にひらがなが書いてあるカードだと3歳ごろには読んでしまうので、ナンバーカードをかぶして隠すのがオススメです。

記憶カードは毎回20~30枚づつ使うので、
100枚程度しか持ってないと、似たような組み合わせばっかりで子供が飽きます

自作も簡単なので、自分で手作りも◎です。
作り方はフラッシュカードと同じでこちらです▼

幼児用フラッシュカードの作り方|パソコンとプリンターで簡単キレイ

1歳半~2歳の知育にオススメ

記憶カードの使い方3

塾では0歳からやっていますが、
自宅でやってみた経験からですと、
記憶カードは1歳半〜2歳の知育にオススメです。

2歳は、ちょうど言葉が爆発的に出てくるタイミングで、絵をみて言葉をイメージして言えるようになります。

言葉遊びのタイミング的にも2歳からのスタートはオススメです、うちも2歳すぎから始めました。

2歳後半くらいになると、
並べたカードも自然と言えるようになり「お話がつくれるようになった!」と思っていると一気に10枚、15枚スラスラ〜っと記憶するタイミングがありました。

個人差はありますが、だいたい周りの子も2歳後半〜3歳くらいにこのタイミングがきている感じです。

そして3歳以降、
30枚、40枚と、数が伸び続けます。(継続していれば)

記憶カードは、
2歳から何か知育を始めたい方へオススメです!

幼児の【映像記憶】能力を鍛える遊び!6歳までにスーパー記憶力を身につける

幼児がぐんぐん記憶する絶妙なタイミング

歩く幼児

幼児がぐんぐん記憶する
絶妙なタイミングがあります。

それは、歩いている時です。

1歳くらいでひらがなが読めるようになった子の話を聞くと、「お散歩中に道路標識の”とまれ”などを教えてたら自然と全部覚えた」というのがあるあるですが、本当に歩いてる幼児はバリバリ記憶します。

会話しながら歩く、教えながら歩く、
幼児の『ながら歩き』は脳トレと思って、たくさんお散歩してください。

覚えておいてほしい事は、
一緒に歩きながら話すと効果的です。

幼児がぐんぐん賢くなるのは『歩いている時』お散歩知育で賢く育つ

記憶カードはおうちでのトレーニング、
その他は日中よく歩かせて、会話して、脳を発達させてあげてください。

頭と体はバランスよく使うのが理想的です♪

オススメ記事