潜在意識・こころ

ママは絶対知るべき!6歳までの子供の脳と心、今日からの育児を変える

6歳の男の子

こんにちは、alpapa(アルパパ)です。(@alpapa11)

人の脳は3歳までに70~80%、
6歳までに約90%が完成します。

6歳までの子供の脳は、今まさに
どんな脳になるか決定している真っ最中です。

何によって決められるか?
それは、親が子供にかける言葉(=情報)』です。

この記事では、
0~6歳を育てる方に知ってほしい『6歳まで』の子供がどんな状態で、親の言葉がどう影響しているのか、そしてママがしてあげれる事を紹介します。

Sponsored Links

6歳までの子供の脳と心の状態と『言葉』が与える影響

脳が90%完成する6歳までに、思考パターン、人格、能力など、あらゆる人生の土台が作られます。

3歳をすぎ6歳までは、
まさに人生のプログラミングの総仕上げ。

このプログラミングに組み込まれる情報は何で作られるかというと、子供が日常で耳にしている『言葉』です。

生まれてから6歳ごろまでは、
子供の意思や理解に関係なく
身の回りの情報(言葉)をどんどん吸収して自分に刷り込んでいく時期です。

そして人は、
6歳までに入った情報をベースに、考え行動し、人生を歩みます

どこに吸収し、貯蓄されていくか?
それは、潜在意識の中です。

『意識』には、
自覚できる顕在意識と、
自覚できないけど人の言動をコントロールする潜在意識があります。

普段わたしたちが自覚できる意識は全体のほんの一部の「顕在意識」ここで色々な事を考え行動しているのですが、その命令は潜在意識から来ています。

人は、自分では自覚できない
潜在意識の情報に従って人生を歩んでいます

潜在意識の情報はそれほど重要なので、
簡単に操作されないよう、大人の潜在意識にはクリティカル・ファクターというバリアがありますが、3歳以下はこのバリアがありません

子どもの潜在意識

そしてこの潜在意識のバリアは、
3歳ごろから形成され、6歳ごろに完成すると言われています。

つまり、バリアの弱い6歳までは、
外から入ってくる情報(言葉)は、簡単に潜在意識に書き込み放題なのです。

そして人は
6歳までに潜在意識に刷り込まれた情報をベースに人生を歩みます

ゆえに、
6歳までの子供に聞かせるすべての言葉は、刷り込みです。

6歳までの育児で、
ママがしてあげれる大切なことは、
とにかく子供の耳に入る言葉に気をつけること。
悪い刷り込みで子供の潜在意識を汚さない事、そして多くの良い刷り込みをしてあげる(潜在意識を愛情で満たす)ことです。

6歳をすぎ潜在意識の扉が閉じられると、外からの情報に簡単に操作されなくなりますが、これまで書き込まれた情報を変えるのも難しくなります

そして情報吸収能力も下がるため、
学習面においても6歳までが簡単に習得できる最後のチャンスです
同様に、記憶力運動神経絶対音感健康面なども6歳までの幼児期が土台となる時期です。

3歳までの状態、
6歳までの幼児教育については、こちらをご覧ください▼

3歳までの育て方で、子供の人生は大きく変わる。3歳までの心と脳

6歳までの育て方と環境が子供の性格に表れる

脳が90%完成するまでの6歳
潜在意識のバリアが完成するまでの6歳。

この時期に親や外の環境から刷り込まれた情報は、子供の考え方や行動、つまり性格として表われてきます。

ほとんどの人は、6歳ごろまでにどんな人間として生きるかを両親や環境からプログラミングされています。
そしてそれらのデータは潜在意識内にあるため、自分では覚えても気づいてもいません。

例えば、誰もが思春期に個性を見出そうと悩んだりしますが、その個性の成分ですら6歳までにつくられています。

どこで悩み、つまずき、
ついどんなふうに考えてしまうのかさえ、もう作られています。

大人になってからも、
多くの人の人生の悩みは、仕事でもお金でもなく、それらの根元となる『自分の中に刷り込まれた概念』に悩んでいます。

そして困ったことに、
大人になってからこの6歳以下の刷り込みを修正するのは非常に大変です。

永久保存として子供の脳にはいる基礎的情報には2つの限界があります。ひとつは、6歳までのあいだに脳に間違った情報が入ると、消去するのがきわめて難しいこと。もうひとつは6歳をすぎるとそれまでより新しい情報の吸収に時間がかかり、はるかに難しくなるということです。

引用元:赤ちゃんに読みをどう教えるか / グレン・ドーマン博士(著)

6歳までの子供の脳は催眠状態?

なぜそんなプログラミングが簡単にできてしまうのか?

6歳までの脳の状態を、もう少し詳しく見ていくと、意識以外にも脳波も特別だということがわかります。

人間の脳波には

  • ・アルファ (リラックス状態)
  • ・ベータ (通常)
  • ・ガンマ (集中、不安、興奮状態)
  • ・シータ (まどろみ状態、浅い睡眠状態)
  • ・デルタ (深い睡眠状態、無意識の状態)

の5つの状態があります。

生まれてから6歳ごろまでは、脳はデルタとシータの状態です。

生まれてから6歳までの間は、デルタとシータの状態だ。デルタとシータの状態の脳は、入ってくる情報をフィルタリングすることができない

引用元:潜在意識を変えれば、すべてうまくいく / アレクサンダー・ロイド博士 (著)

脳がデルタとシータの時、
脳は、入ってくる情報を選べません

良いも悪いも選ばず、
聞いたり見たりしてしまえば刷り込まれてしまうのです。

そしてこの脳波の時、
人は暗示にかかりやすい催眠状態です。

6歳までの脳の状態は、入ってくる情報をフィルタリング(選別)することができないため、6歳以下の子はとても暗示にかかりやすく、言われることを何でも信じ、冗談が通じません。

こどもは親の言葉に常に洗脳されているようなものだと思ってください。

こどもの脳は大人の脳のように
「これは興味あるから聞こう」
「これは冗談だからスルー」という選別をしません。

なので親がかける言葉、
親が与える情報は、そのままを取り入れ貯蓄していきます。

Sponsored Links

6歳までの子供にネガティブな冗談は禁物!

6歳以下の子にネガティブな冗談を言ったり、
否定する事は禁物です。

子供は「賢いね」と言って育てれば賢くなり、冗談でも「バカね」と言って育てると、本当にバカになります。

言葉の力というのは、
私たちが思っている以上に強い
のです。

よくある日常ですが、例えば、
やんちゃな3~4歳の子がいたとします。
遊びの中でよくお友達とおもちゃの取り合いをはじめます。

それを見たママが

「もう、ほんとに友達とケンカばかりする子ね!」
「そんなんじゃ嫌われるわよ〜」

なんて、半分冗談で言ったとします。

しかしシータとデルタの状態の脳は、
その情報を冗談だと選別することができません

その冗談は、ただその子の心に「すぐ友達とケンカする」「嫌われる」という刷り込みをしただけになります。

人は潜在意識に刷り込まれた情報をベースに人生を歩みます。

カルガモのヒナが生まれて初めて見たものを親と思いヨチヨチついていくように、それらの刷り込みの言葉の後をついて人生を歩くようになります。

6歳までに入ってきた言葉と情報は、
まるでスマホにアプリをインストールするように、いとも簡単に子供に入れられます。


こういった刷り込みは、繰り返されることで、さらに根強く定着します。

例えば、この子が6歳までに同じようなことを何度も言われた場合、それはもうその子を「ケンカばかりする人」にプログラミングしているかのごとく、人生の呪縛となってしまいます。

繰り返しますが、子供というのは、
「すぐにケンカする」と言われて育てばすぐケンカする人になり、
冗談でも「バカだ」と言われて育てば、バカになるようプログラムされてしまいます。

6歳までは人生のプログラミング期なのです。

だから決して6歳以下の子供に、 

「○○できない子だ」「ほんとにわがままね」「損するタイプだなぁ」
「この子、馬鹿すぎる!」「人見知りだよね」なんていう種を冗談でも植えつけてはいけないのです。
(もちろん3歳以下はもっと気をつけてください、一番深く入る時期です)

これらは親に言わるのが一番影響が濃く出ますが、口の悪い親族やママ友に言わるのも同じです。

冗談でも「〇〇ちゃんって怖がりだね、〇〇ができないんだね」のようにネガティブなことを平気で言う人が身近にいたら、距離をおくのがベストです。

その人は、
親族だろうがママ友だろうが、6歳以下の子にはになります。

そもそもネガティブな事を平気で言う人は、今の心の状態が良いとは言えません、その影響をわざわざ「親族だから」「ご近所だから」といって子供に受けさせる必要はありません。

その方の心の状態が良くなってから会えばいいです。

もちろん親の声が一番こどもに響くので、頻繁に会うわけでなければ過剰に心配しなくても大丈夫ですが、6歳までは子どもの周りに飛び交う言葉にも気にかけてあげてください。

また、6歳を過ぎたら突然何を聞かせてもOKというわけではなく、脳が完全に完成する12歳までは、子供への言葉には気をつけるべきです。

また、子供を叱る時も同様に
ネガティブな刷り込みをしない事が大切です▼

【子供のダメな叱り方】親として最低限ここだけは押さえておきたい事

大好きと言われて育った子、嫌いと言われて育った子

本人が覚えていようがいなかろうが、繰り返し強く与えられた情報は、潜在意識にも細胞にもプログラムとして書き込まれています。

「大好き」と愛の情報を与えられ育った子は、自己肯定感も高く、人から愛される能力も持ち合わせています。

ここで一つ注意してほしい事は、
親も人間ですからついイラッとして心にもないことを言ってしまう場合です、

冗談でも親から「嫌い」「鬱陶しい!」
などと言われてしまうと、自分の存在を否定されたと捉えてしまい、キレやすい子・自信がない子になったり、精神が不安定になったりします。

ついカッとして言ってしまう事はあっても、
決して言い続けないようにしましょう。

親になったら言葉に気をつけ、
愛情をもって接することに尽きます。

愛される子に育てるには?愛されている子の特徴は幼児期の記憶にあり!

消したくても消えない親からの洗脳

6歳女の子

こんな経験がありませんか?
絶対やめたほうがいいとわかってたのに、ついやってしまった。
気をつけているのに、いつもこんな結果になってしまう。

変わろうと努力しているのに、結局長続きせず、元の自分に戻ってしまう。

ほとんどの場合、これは6歳までにあなたの潜在意識にインストールされたアプリが勝手に起動してプログラミングされた通りの結果に導いているからです。

例えばこの子の場合、

「すぐケンカする人」とプログラミングされてしまったので、大人になってからも、仲良くしたいのについケンカになるような発言をしてしまったり、

そんなつもりなかったのに、
気がついたらカッとなって怒鳴ってしまった。など

ケンカに導かれる状況を、無意識に作りだしてしまうのです。

脳の働きの90%以上を支配する潜在意識は、プログラミングされた通りの状況を作り出し、たった3%で抵抗する意識はそれに勝つ事ができません。

努力してるのに改善されず、しかも原因がわからず、
「変わりたいのに、どうして変われないの?」と悩むことも少なくありません。

本人は言われた事を覚えてなくても、潜在意識はしっかり記憶していて刷り込まれた情報通りに命令を出しているのです。

潜在意識には現状維持メカニズムがあり、あなたが変わろうとすると全力で元の状態に戻そうとしてきます。

子供への語りかけ

ところで、
いい面でも悪い面でも、ほとんどの人は親の口癖通りの人格を持っています。

根は悪い人ではないのに、
つい嫌味を言ったり、一言多い人、いませんか?

その人は、6歳までに「いい子だけど、一言多いわ、余計な事言う子ね」とよく言われてたり「あなたの口は災いの元になるわね」なんて親が冗談を言っていたのでしょう。

やめたいのに病気になるまで無理して働いてしまう人、
いませんか?

「仕事はつらいものだ」「人生は耐えるものだ」と厳しく育てられたのかもしれません。

潜在意識はその言葉を忠実に再現し、仕事がつらく耐え苦しむ状態をつくります。

いい人なのにいつも損する人、
頑張ってるのにいつもうまくいかない人、いませんか?

「いい人は損するものだ」「世の中うまくいかないものだ」というアプリが潜在意識で起動してるんでしょう。

本当に子供にかける言葉は、
どうか気をつけてください

自分の子にも人の子にもです。

子供の脳を作るのは親の言葉
ということをお忘れなく。

現実を突きつけるのは6歳をすぎてから

小学校に入学して6歳をすぎるころ、
次第に洗脳されるだけの脳から、選別ができる脳へ変わっていきます。

現実の厳しさを教えたり厳しい言葉は、せめて小学校に上がってからにしてあげてください。

6歳以下は、
それらの言葉はまだまだ「教訓」より「足かせ」になる年齢です。

小学校ぐらいからの脳は「こういう事もあるんだ」「これは冗談だな」と
少しづつフィルタリングができるようになってきます。

しかし、脳がフィルタリングできるようになったからと言って子供を否定する言葉を浴びせるのはNGです。

そしてぜひ思い出してほしいのは、
6歳までの脳の状態は大チャンスの状態だということです。

天才脳ができるのも、一生幸せに生きる土台ができるのも
愛される性格に勝手になってくれるのも、この時期です。

6歳までに「あなたは〜できる」「〜になれる」「みんなに愛される幸せな子だね」というポジティブで幸せなアプリをたくさんインストールしてあげればいいのです。

そして肯定的な声がけは、
習慣にしてしまったほうがママの精神的にもよいです。

ママも子供も幸せな気分になり、一石二鳥です!

幼児期の声がけの重要さ、子どもに「嫌い」と言ってしまったら?

もし、子供に「バカ!」「わがままな子は大嫌い!」というひどい言葉を言ってしまったら「よくできる子だ」「大好き」などポジティブな声がけを何倍もして中和してあげましょう。

「大好き、子どもが大切」と思っているだけではなく、
言葉で伝えましょう。

赤ちゃんの頃はどのママも「大好き、かわいい」と言って育ててますが、6歳近くなってくると恥ずかしさも出てくるかもしれません、そんな時は5分間暗示法などで寝ている時に伝えてもOKです(次項で紹介)。

実際にそういう暗示法やセラピーは多くあり、私も試しましたがかなり効果があります。

ぜひ人生の肥やしになるような質のいい内容幸せな言葉ポジティブな言葉、これらの言葉のシャワーをたくさん浴びさせてください。

6歳までの育て方を間違えた、もう手遅れ?

手遅れではありません
人は何歳からでも本人次第でやり直せます。

ここで、もう今まで散々子供にヒドイ言葉を浴びせて育ててしまった、子育てをやり直したい!という方へ、おすすめの心の癒し方をご紹介します。

嘘みたいによく効く方法で、
幼児塾などでママたちに伝授されている愛の暗示法です。

『5分間暗示法』という方法で、
子供の心の傷を癒したり、態度の改善、能力を引き出す時に効果的です。

【注】本当によく効くので、注意事項もご覧ください▼

魔法の【5分間暗示法】の効果は絶大!子供を叱りすぎた時のフォローにも

潜在意識は、
本人次第で書き換えることができます。

子供だけでなく、
ママに組み込まれている潜在意識のプログラムも書き換えできます。

潜在意識の書き換え方法は色んな本で紹介されていますが、
個人的に効果が大きかったと思う本はこちら▼

何事も、
6歳をすぎたら手遅れというわけではなく、変化するには大きな努力が必要ということなのです。

脳は6歳で90%完成しますが、
その後ゆるやかに伸び12歳で100%になります。

潜在意識の扉(バリア)も
完全に閉じられるのは12歳ごろと言われています。

歳をとるほど改善に時間がかかりますが、
本人次第で人生は何歳からでもやり直すことはできますし、そうでなくてはいけません。

ただ、土台ができる6歳までの黄金期、
どうせなら、しっかり愛情を詰め込んでおいてあげたい。

修復が必要な土台より、
のびのび走り回れる強い土台を作っておいてあげたい。

多くの親がそう感じていると思います。

もし現在0~6歳の子を育てていたら、
愛情たっぷりの対応で、幸福の種をたくさん蒔いてあげてください。

幼児期に蒔いた幸福の種は、遅かれ早かれ芽を出します。

オススメ記事