その他

子供にいらないおもちゃ、増えて困るプレゼントNGな玩具リスト

子供にいらないおもちゃ

こんにちは、alpapa(@alpapa11)です。

『プレゼントでおもちゃいらない!』
どんどん増えて困る…

おもちゃというのは、
親の教育方針やセンスが、
実によく反映されるアイテムです。

子供が持ってるおもちゃ食べてるおやつ
この2つを見れば、だいたいどんな家庭の子か想像がつくと思います・・・

この記事では、
増えると困る!いらないおもちゃを紹介。

プレゼントするのはもちろん、
わざわざ買い与えるのもオススメしません。

辛口なので、
繊細な方はご遠慮ください

Sponsored Links

増えると困るいらないおもちゃリスト

こんなおもちゃは、
子供に持たせてたり、
プレゼントするとセンスを疑われると思います….

■子供の想像力を奪うおもちゃ
キャラクターもの
プラスティック玩具、電池、機械音や光、すぐ壊れるおもちゃ

具体的にどんなデメリットのあるおもちゃか紹介します↓

子供の想像力を奪うおもちゃ⇒遊びが広がらず、すぐ飽きる

見立て遊びができないおもちゃや、
想像力・遊び方が限定されるおもちゃです。

見立て遊びとは、
実際にはそこにないけど、
何かに見立てて想像しながら遊ぶことです。

例えば、
公園で葉っぱや石、枝を集めて、これはニンジン、ジャガイモ、お鍋…と見立てて、お店などシーンを想像し遊ぶことです、子供が公園でよくやっているやつですね↓

しかし、この子たちが
「キャラクターのアイスクリーム屋さんセット」で遊ぶなら….もう誰が登場してどんな遊びになるか想像できます。
そして、遊びの幅が広がらない
最初はハマって喜んで遊ぶでしょうが、子供もすぐ飽きます

一つの遊び方に限定されてしまう、
どちかというと、受け身なおもちゃは
増やさない方がいいですし、
プレゼントで貰うと困ります。

こういう遊びがしたいなら、
わざわざ家に置かなくても児童館で十分。

児童館には各家庭からの寄付で集まった
こういうオモチャが大量にあります…。

ところで、お片づけができない子、
原因は親の買い与えすぎでは?
『子供がお片づけしない!』イライラを一発で解消。我が家のルール

キャラクター物のおもちゃ⇒物欲も増加

キャラクターものは中毒性が高く、何でもいいからそのキャラが印刷されていればそれで満足という、ただの消費活動です。

もちろん買ってもらうために子供がハマる要素もりだくさんに作ってあります、次から次へと同じキャラものを欲しがり、子供の物欲と親の負担が増えるので、あえて幼児に与える利点がないです。

そして多くの場合、
ブームが去ると買い集めたキャラグッズに興味をなくし、次のキャラものへハマるという….消費者としては、いいお客さんですが、『物を大切にする』という観点からは外れます。

キャラものの良い一面は、
学習面に活用できる事でしょうか。

例えば、
ドリルは嫌いだけど、う●こドリルは喜んでやる。
ピアノのクラシック曲は練習はしたがらないけど、鬼滅の曲なら必死に練習する、など、すでに子供が好きなキャラを学習のきっかけにするには効果◎です。

プラスティックのおもちゃ⇒有害なゴミになる

安全面など気にする方から
忌み嫌われるオモチャNo.1

環境と人体に悪い、ゴミになる
プラスティックのおもちゃ!

何でも舐め回す赤ちゃんや、
指しゃぶりをする子には与えたくないおもちゃです。

特に中国製のプラおもちゃに使われている着色料など、購入前にチェックしてますか?中には有害なものもあります。

有名な事件では2007年にアメリカの玩具メーカーが、中国製オモチャに使用された塗料から許容量を超える鉛が検出され、幼児の健康を大きく害すると回収作業が行われました。

日本でも中国製「トーマスの木製レールシリーズ」に使われている塗料が有害とみなされ回収されていますが、こういうのは氷山の一角です。

https://www.sonymusic.co.jp/MoreInfo/Chekila/Thomas/thomas_info/index.html

プラスティック玩具で、電池を入れて光ったり、音が出たりするカラフルなおもちゃは、刺激が強いため子供は喜びますが、STマーク(玩具安全)などの有無をチェックし安全規格をクリアしてないものは避けましょう。

STマークとは?
買ってよかった子供に良いおもちゃ↓
《子供に良いおもちゃ》プレゼントで嬉しいオススメ知育玩具

Sponsored Links

確実に喜ばれないおもちゃとプレゼント

前項目で紹介した3要素に加え
プレゼントの場合、これだけは避けましょう。

■ゲーム禁止の家庭に、ゲームやゲームキャラ
■甘いものを与えてない子に、添加物まみれのお菓子

これは確実に嫌がられます

特に3歳以下は、まだチョコレートやスナック菓子を与えてない家庭も多く、気軽にプレゼントするのは配慮に欠けます。
また卵やナッツアレルギーの子も多いので、知らずに与えると大変な事になります。

こちらもご参考ください
子供に食べさせてはいけない市販の危険物、おやつを買う前に必ず確認!

おもちゃ選びはセンスと考えがにじみ出る

おもちゃは選んだ人のセンスがにじみ出るので、プレゼントとしてはハードルが高いです。

とりあえず、
おもちゃ=子供が喜べば何でもOKという考えの方は、気軽に人様の子におもちゃをプレゼントしない方がいいです。

おもちゃに対する親の意見は、
だいたい以下の2つに分かれます

【A】子供が喜べば何でもOK、おもちゃにそこまで求めない。中毒性・刺激性・有害性・環境問題、特に気にしない。

【B】子供の遊ぶ力、想像する力、作り出す力を伸ばすものを与えてあげたい。増えると困るから厳選したい。

プレゼントする相手が、Aさんなら何をあげても喜んでくれそうですが、Bさんタイプならおもちゃ選びは慎重に、または避けるが無難です。

Bさんでも喜びそうな
美しい玩具はこちらをご参考ください▼
【デザインが美しい積み木】知育にもおすすめ国産・世界の積み木

Sponsored Links

子供にいらないおもちゃ・まとめ

■想像力を奪うおもちゃ⇒遊びが広がらず、すぐ飽きる。

■キャラクターもの⇒子供の物欲も親の負担も増える。

■プラスティック玩具⇒有害なゴミになる、幼児の健康を害す玩具もアリ。

【最後に大切な事】
ないと思いますが…こういう玩具をプレゼトされたからといって、冷ややかな態度をとるのはもっとアウト、教育方針はわかりますが、だからといって相手を傷つけるのは

育児は人それぞれで正解はないです。
たとえママ友がこういう玩具を買い与えていたとしても、首を突っ込まないように(^_^;)

オススメ記事