知育

【子供にかける言葉】勉強する子に育てる・ポジティブな子になる言葉

子供への言葉がけ、勉強する子に育てる

こんにちは、alpapa(@alpapa11)です。

『親にわざわざ言われなくても、
自ら勉強する子になってほしい』
『ポジティブ思考に育ってほしい』

どうすればいい?
こんな時に効果的な
子供にかける言葉を紹介します▼

Sponsored Links

勉強する子に育つ言葉がけ

勉強する子に育てる

子どもが自主的に勉強する
ようになるには、どんな言葉をかければいいか?

世界で多くの功績を残す
ユダヤ流の『引き出す子育て』から参考にしたいと思います。

ユダヤ人は世界人口のわずか0.2%にして、あらゆる分野で優れた人材を輩出し、また世界の大富豪の35%はユダヤ人といわれています。

そんなユダヤ人の家庭では、
子どもが学校から帰ってきたら、こんな言葉をかけるようです。

『今日は何を質問したの?』

学校から帰ってきた子どもに多くの親は『今日は何を勉強したの?』と聞きますが、ユダヤ人の親は『今日は何を質問したの?』と尋ねるといいます。

これは学校で先生の話をただ受身で聞いていればいいのではなく、子ども自身が自ら疑問を抱き、探求していく能動的な態度を育てるためです。わからない事があったら質問することを習慣づけることで、学習の消化不良をなくすことができます。

引用元「世界標準の自己肯定感の育て方」/ 船津徹 (著)

ふと心に浮かんだ疑問を見逃さず、
探求する、その習慣をつけさせるための質問だそうです。

パパママだけでなく、
もし学校の先生が見ていたら『今日はどんな質問がある?』と活用していただきたいです。

もし学校で質問する時間がない場合、
疑問に思った事を家で調べる習慣に変えるのもいいと思います。

その場合、
『先生に質問したかったことはある?』
と尋ね「ある」といえば、
家でじっくり調べることを習慣にしてみてください。

つづいて、
ポジティブな子に育つ言葉を紹介します。

ネガティブな子供にかける言葉
としてもご参考ください▼

ポジティブな子に育つ言葉がけ、ネガティブな子供にかける言葉

ポヒティブな子

子供が幼稚園や学校から帰ってきた時、
こんな言葉をかけてあげてください。

『今日、どんないい事があった?』
『今日、何が楽しかった?』

仮に、何も楽しい事がなかった日でも、
「うーん、なんかいい事あったかな?」
「別にないけど、あるといえば…」
と、いい事を探す癖がつきます。

このような言葉がけをして、
いい事探しをする習慣をつけておくと、いつのまにか思考の癖になり、そのうち親に何も言われなくても、脳が勝手にいい事を探すようになります。

この質問は、学校から帰ってきた時でもいいですが、幼児などまだ親と一緒に寝ている子は寝入り寝起き』に行うとさらに効果的です。

『人間は、
寝る前に考えた通りの人間になる』
と言われるように、

寝る前に楽しい事・いい事を考えて寝るだけで、その考えた内容通りの人格になっていきます。(だから寝入り・寝起きに叱るのはNG)

また、大きくなっても寝入り・寝起きは、潜在意識の扉が開かれる時間といわれ、暗示親の言葉も刷り込まれやすくなります。

ですので、夜ねかしつけの時に
『今日はどんな楽しい事があった?』

朝、子供が起きてきたら
『昨日はどんないい事があった?』
と、聞いてあげてください。

すでにネガティブ思考が定着してしまっている子で、良かった事を聞いても「ない、悪い事ならこうで..」とネガティブに考えてしまう場合は、

『今日は〜が楽しかったね』
『今日は〜できたね』
と、いい事を思い出させる言葉をかけてあげてください。

ちなみに、
自信のない子にかける言葉はこちら▼
【子供にかける言葉】自信のない子にかける言葉『自信もって!』はNG

子供に毎日のように
『自分の何が悪かった?反省するべき点はどこ?』と悪い所を探させる質問をする方や先生がいますが、この言葉がけを繰り返すと、無意識に悪いところを探す癖がついてしまいます(ネガティブ思考)。

特に繊細な子や、
考えこむタイプの子にこのような言葉をかけると、とても傷つき、ネガティブ思考が加速します。

ネガティブな子供にかける言葉

子供のうちは、悪い所ではなく、
良い所を探す癖をつけてあげてください。

じゃあ、悪い所を直さなくていいの?
と疑問が湧きますが、
子どもが悪い所を直すためには、
まず良い所を伸ばして自信をつける必要があります(長所伸展法)。

短所の改善は、
長所を伸ばしてからです▼
子供の成長曲線は無視!うちの子だけできない⇒できるようになるコツ

子どもが普段
どんな言葉をかけられているかで、
子ども自信の考え方も変わっていきます。

勉強に対する疑問を探求したり
いいこと探しをしたり
毎日が充実するような言葉をかけてあげてください。

最後にまとめます▼

Sponsored Links

《子供にかける言葉まとめ》勉強する子・ポジティブな子に育つ言葉

●自ら勉強する子に育つ言葉▼

『今日は何を質問したの?』
『先生に質問したかったことはある?』

探求していく態度を育てる言葉をかける。
わからない事があったら質問or調べることを習慣づけることで、学習の消化不良をなくす。

●ポジティブな子に育つ言葉▼

『今日はどんないい事があった?』
『今日はどんな楽しい事があった?』

いいこと・楽しいこと探しをする習慣をつける。

さっそく今日から聞いてみましょう^^

オススメ記事