知育

運動神経は遺伝しない。6歳までにどんな遊びをしたかで決まる

こんにちは、真夏の公園がしんどいalpapa(アルパパ)です。(@alpapa11)

イチロー選手が初めてバットを握ったのは3歳だそうですが、もし7歳からだったらきっと別の人生を歩んでいたでしょう。
子供の運動神経は何歳で決まるのか、それまでに何をしてあげるとよいかをご紹介します。

Sponsored Links

こどもの運動神経は6歳までに何を経験させたかによって決まる。

「パパがアスリートだから運動神経いいね、アスリートの家系だね」と、言ったりしますが、運動神経に遺伝や家系は全く関係ありません

こどもの運動神経は、
6歳までにいかに様々な身体的遊びをさせたか、
その子にそういった経験がどれだけあるか、で決まり、親から遺伝しません。

6歳までといいますが、早ければ早いほどよいです。
人の神経系の発達は3歳までに60~70%出来上がり6歳でほぼ完成 (80~90%)
それから緩やかに10~12歳までに100%になり、その後は成長しません

中でもグーンと伸びるのは、3歳まで。
まさに「三つ子の魂百まで」です。

体を動かすことは、脳の発育にもとても良いので、ぜひ6歳までにいろいろな種類の身体的遊び、スポーツを経験させてあげてください。

ママが運動苦手でも、子供は6歳まではぐんぐん伸びます。
公園での遊具遊びやリズム遊びなど、一緒にできなくてもせめてサポートし、子供の伸びたい盛りの能力を広げてあげてください。

大人と違い、
6歳以下の子供は経験さえ与えればできるようになります。

6歳までにどんな遊びをするといいか?

主に体を動かす系の遊びで、
年齢別におすすめのものを紹介します。

3歳までにおすすめの遊び

3歳以下では、
狭く浅くでもいいのでとにかく豊富な遊びの経験をさせてあげましょう。

砂場遊び、滑り台、ブランコ、ジャングルジム、トランプリン、鉄棒ぶらさがり、ボール遊び、水遊び、でんぐり返り、ベビースイミング、ベビーヨガ、リズム遊び、白線歩き、
パパ登り、階段の上り下りや簡単なクライミングなど

指先を使ったり反復運動をしたり、
また、2歳半~3歳では片足で立てるか?

両足を浮かせてジャンプがでてきるか?も見ていきましょう。
片足けんけん、けんけんぱなどをしてバランス感覚を養う運動も取り入れると◎です。

3歳前の子は、片足で立ったり体がぐらつく感覚を怖がる子がいるので、そういった場合は強いず手をつないで安心させながら行ってください。

いろいろな運動の経験をさせていれば、3歳半前には自然にでけんけんぱもできるようになります。

3歳〜6歳でおすすめの遊び

3歳すぎ〜6歳では、

ルールのある遊びや道具を使った運動にも挑戦していきましょう。

鬼ごっこやだるまさんがころんだなどのお友達と一緒に遊べるルールのある遊び

縄跳び、フラフープ、竹馬、自転車、キックボードなど道具を使った遊び

ダンスなどの「真似して動くこと」「バランス感覚」を鍛える遊びを取り入れるのがおすすめです。

また【砂場遊び、泥んこ遊び】に関しては幼児のストレス解消になる遊びといわれており、おまけに創造力も育つので幼児期全般で心身ともによい遊びです。

3歳を過ぎるとバレエや体操クラブなど選べるレッスンも急に増えるので通ってみるのも◎です。
探してみると自治体や児童館で無料のクラスも案外充実していたりします。

好き嫌いがあるので一つのことばかりすることもありますが、
楽しそうに導いていていろいろな身体的遊びを経験させてあげてください。
しかし、これをやってみなさい!と強制しないようにしましょう。

Sponsored Links

幼児期に大切なのは、歩くこと!

0~6歳まで何歳でも効果的な運動は『歩くこと』
最近の子は1歳でも6歳でも歩く量が圧倒的に少ないです。

歩き始めたらベビーカーに乗せっぱなしにせず、
真夏以外は、なるべくたくさん歩かせましょう。

歩くことから得られるメリットは多く、よく歩く子は運動神経だけでなく脳もよく発達し心身の健康状態も良いです、そして睡眠の質も良くなります。

幼児の場合、年齢x1キロを毎日歩くことが理想です。

3歳をすぎるとぐんとできることの幅が広がります。
また「挑戦したがる」「やりたがらない」といった内面の差もでてきます。

やりたがらない原因の一つに「自信がない」というのがあります。
これまで「できた」という経験が少ないと、自信がない≒好きじゃない≒楽しくない≒やろうとしない、ということが考えられます。

幼児が何かに取り組んでいる時の声がけには十分注意してください。
間違っても、
「うちの子、運動苦手なんだよね」
「まだ全然できないねー」
という言葉はかけないようにしてください。

3歳からは幼稚園もはじまります。

スポーツ系の幼稚園ではバレエや剣道、飛び箱や長距離走、スキー合宿などをカリキュラムに取り入れているところをよく見かけます。
これらを少しづつ経験していくのによい年齢になってきたということなので、家庭でも取り入れてみてください。

自転車にのる練習も小学校に入る前が理想です。
親が練習につきあえさえすれば、5〜6歳でほとんどの子が乗れるようになります。

運動神経の土台ができる幼児期、いろいろなスポーツに挑戦し、
しっかり体を動かして遊びましょう♪

Sponsored Links
オススメ記事