アート&音楽 PR

運動神経のいい子の特徴とは?6歳までにどんな遊びをしたかで決まる

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
運動神経のいい子の特徴

こんにちは、alpapa(@mamaschool_mei)です。


イチロー選手が初めてバットを握ったのは3歳だそうですが、子供の運動神経はいつ決まる?
また、運動神経のいい子の特徴とは?

この記事はこんな方にオススメ

■運動神経のいい子の特徴を知りたい。
■子供の運動神経は何歳で決まる?
■子供の運動神経UPにおすすめの遊びを知りたい。

子どもの運動神経は、6歳までに何を経験させたかによって決まる。

3歳までにやるべきこと 運動

運動神経のいい子は、
6歳までに決まると言われています。

子供の運動神経は、6歳までに
いかに様々な身体的遊びをさせたか、
その子にそういった経験がどれだけあるか、で決まり親からの遺伝だけでは決まりません。

人の神経系の発達は、
3歳までに60〜70%出来上がり6歳でほぼ完成 (80〜90%)
それから緩やかに10〜12歳までに100%になり、その後は成長しません

近年の研究では子供の運動能力の66%は遺伝という報告もでていますが、それでもなお、神経系の発達時期は影響するため遺伝がすべてとは言えません。

つまり、
決め手となるのは6歳ごろまでの運動経験です。

体を動かすことは、
脳の発育にも良いので、
6歳までにいろいろな種類の身体的遊びを経験させてあげましょう!

次に、
運動神経のいい子の特徴と
6歳までにオススメの運動を紹介します▼

運動神経のいい子の特徴

0〜6歳で、
運動神経のよい子供の特徴とは?

それは子供の巧緻性(こうちせい)をみるとわかりやすいです。

(巧緻性=指先の器用さ)

子供の巧緻性

巧緻性は、
神経系の伝達と大きく関わっているため
指先の器用さは体のコントロール能力にも大きく関係しています。

また、
指先を鍛えることで体の動かし方も上手になっていきます。

たとえば、
体力も筋力もあって走るのが好き!
という子でも、ブランコがこげない、鉄棒ができない、リトミックで動きが鈍い、という運動神経がイマイチな場合は、巧緻性を一緒に鍛えてあげるとGOODです。(のちほど巧緻性の鍛え方を紹介します)

運動神経がいい子が得意な「指先の動き」を紹介します。

これできる?運動神経のいい子の特徴

運動神経のいい子の特徴とは?

運動神経のいい子ってどんな子?
素質を見るのに、わかりやすい特徴は?

基礎体力とは別に、
運動神経がよい子は、こんな動きがスムーズにできる傾向にあります▼

①まず両手をパーにします。

運動神経のいい子の特徴

②1,2,3..と、
両手の指を一本づつ折ってグーにします。

運動神経のいい子の特徴2
運動神経のいい子の特徴3

ここまではできる子多いです👍

③次に、
6,7,8..と両手の指を一本づつ開いていきます。

運動神経のいい子の特徴4

④パーに戻ります。

幼児には難しいこの指先の動き、
これが4〜5歳でスムーズにできる子は、
運動神経もよい
傾向にあります。

指先を動かすことは、
脳の発達にも良いので、ぜひ幼児期のうち(6歳まで)に巧緻性を鍛えてあげてください。

幼児の巧緻性を鍛えるのに、
おすすめの遊びを紹介します。

子供の運動神経UPにもよい、巧緻性を鍛える遊び

巧緻性を鍛える遊びは折り紙

幼児の巧緻性を鍛えるのにオススメな
最も簡単な遊びは『折り紙』です。

0〜3歳では紙ヒコーキを折って飛ばしたり、年中〜年長にはツルが折れるように遊んでみるのがオススメです。

他にもオススメな遊びは

・ひも通し
・ちぎり絵
・ハサミを使った工作

などがあり、
ひもを使った動作では、
年長で「ちょうちょ結び」などができるとです。

その他、0〜6歳の知育玩具で
ひも通しは多種販売されていますので、日常の指先トレーニングに活用してみてください。

運動神経のいい子に育てるノウハウ本

幼児教育で有名なドーマンメソッドより
0〜6歳の運動能力&才能に関する目からウロコの本を紹介します。

この本に出会った人は幸運!
運動神経のいい子に育てたい場合、
一度は読んでおきたい本です。

1960年代に書かれた本ですが、
ドーマン博士の研究結果は、現在でもあらゆる幼児教育メソッドに取り入れられています▼


赤ちゃんの運動能力をどう優秀にするか (gentle revolution)

例えば、
この本では「うんてい」は脳を刺激し、
知性や運動能力を含むさまざまな発達によいと紹介されています。

例をあげると
オリピック日本代表の池江璃花子選手は
「うんてい」をで筋力を鍛えたことで知られていますね、池江選手のお母様は脳の発育に良いと知り、自宅に「うんてい」を設置し、生後2ヶ月から練習をさせていたそうです。

この本「赤ちゃんの運動能力をどう優秀にするか-誕生から6歳まで-」にはこういったあらゆる『子供の知性と運動神経を良くする方法』が紹介されているため、育児中にぜひ一度読んでほしい一冊です。

子供の集中力をつける運動

運動神経と集中力の関係についても紹介します。

「集中力」と運動は深く関係していて、
落ち着きがない子・集中できない子ほどしっかり運動させてあげるのがおすすめです。

子供の集中力をつけるのに、
おすすめの運動方法は、STOP&GO遊び

子供の集中力をつける運動

走っている最中に急に止まる!
という練習をさせることで、自己コントロール神経が発達し、次第に集中力がついてきます。

詳しくはこちら▼
【落ち着きがない子供】集中力に欠ける子供に集中力をつける方法

運動神経のいい子になるには、6歳までにどんな遊びをするといいか?

主に体を動かす系の遊びで、
年齢別におすすめのものを紹介します。

3歳までにおすすめの遊び

3歳以下では、
狭く浅くでもいいのでとにかく豊富な遊びの経験をさせてあげましょう。

うんてい鉄棒ぶらさがり、砂場遊び、滑り台、ブランコ、ジャングルジム、トランプリン、ボール遊び、水遊び、でんぐり返り、けんけんぱ、ベビースイミング、ベビーヨガ、リズム遊び、白線歩き、パパ登り、階段の上り下りや簡単なクライミングなど

先に紹介したドーマン博士の研究より
「うんてい」運動による握る力、つかんで進むことによる手のひらの刺激で巧緻性、認識力、集中力などあらゆる運動系の能力を刺激し向上させることがわかっています。

赤ちゃんの頃はママの手を握らせて
腕をひきあげたり、少し大きくなってからは鉄棒のぶらさがりなどに挑戦すると◎です。

うんていと聞くと公園を思い浮かべますが
こういった天井や柱に設置するだけの簡単うんていも販売されているので、DIYで自宅に設置する家庭も増えています▼

うんてい運動については0〜6歳ずっと、
そして6歳以降もオススメな運動です。

また、
2歳半〜3歳では
片足で立てるか?
両足を浮かせてジャンプがでてきるか?
も見ていきましょう。

片足けんけん、けんけんぱ、リトミック
などをしてバランス感覚を養う運動も取り入れると◎です。

けんけんぱは、
2〜3歳でできるようになります。

しかし3歳前の子は
片足で立ったり体がぐらつく感覚を怖がる子もいるので、そういった場合は手をつないで安心させながら行ってください。

また3歳では、習い事を始める子も多く
スイミングやピアノなどは体を使うだけでなく巧緻性や集中力UPにも効果的です。

年齢別・おすすめの習い事▼
習い事は何歳から?平均は3歳、習い事別おすすめの年齢を紹介!

3歳〜6歳でおすすめの遊び

3歳すぎ〜6歳では、

ルールのある遊びや、道具を使った運動にも挑戦していきましょう。

0〜3歳で紹介した遊びに加え、
鬼ごっこ・だるまさんがころんだ、
などのお友達と一緒に遊べるルールのある遊び

縄跳び、フラフープ、竹馬、自転車、
キックボードなど道具を使った遊び

ダンスなどの
「真似して動く」「バランス感覚」を鍛える遊びも、取り入れるのがおすすめです。

運動神経がよくなる習い事

また【砂場遊び、泥んこ遊び】
に関しては幼児のストレス解消になる遊びといわれており、おまけに創造力も育つので0〜6歳の幼児期全般で心身ともによい遊びです。

6歳までに自転車に乗る練習をしよう!

自転車に乗る練習

自転車にのる練習
小学校に入る前が理想です。

自転車に乗ることは
バランス感覚、重心移動、など
体の動きを上手にコントロールしながら、
同時にブレーキやハンドルなどの道具も扱います。

またペダルをこぐことで体幹も鍛えられるなどメリットが多いため、子どもが興味をもったら練習させてあげましょう。

早い子では、3歳には
補助輪なしで乗れるようになります。
すぐに乗れるようなった練習法はこちら▼
【3歳〜5歳】自転車の教え方!4歳が30分で乗れるようになったコツ

ちなみに、
初めての子ども自転車には
これがプロのおすすめです▼
【体験談】3歳・4歳の初めての自転車ならコーダがおすすめな理由

幼児期にオススメな運動は、歩くこと!

その他、
幼児期におすすめの運動は『歩くこと』です。

歩き始めたら、
ベビーカーに乗せっぱなしにせず、
真夏以外は、なるべくたくさん歩かせましょう。

歩くことから得られるメリットは多く、よく歩く子は運動神経だけでなく脳もよく発達し心身の健康状態も良いです、そして睡眠の質も良くなります。

幼児がぐんぐん賢くなるのは『歩いている時』お散歩知育で賢く育つ

運動神経以外にも、
6歳頃までに土台が決まる能力は多く、
こられの能力も同様に6歳までが決め手といわれています▼

それでは、
いろいろなスポーツや遊びに挑戦し、しっかり体を動かして遊んでくださいね♪

オススメ記事