アート&音楽

簡単な風車の作り方♪綿棒と折り紙とストローでよく回る

風車の作り方

こんにちは、alpapa(アルパパ)です。(@alpapa11)

折り紙と綿棒で簡単につくれる風車の作り方を紹介します。

少しの風でくるくるよく回るので、
子供の『深呼吸』の練習にもオススメです。

Sponsored Links

折り紙の風車の作り方

使うものはこちら、

  1. 折り紙
  2. 綿棒
  3. ストロー
  4. のりとハサミ

それでは、作っていきましょう↓

【1】折り紙を三角に折って開く

折り紙で風車の作り方1

サイコロドッツドッツカードを作って余った100均のドッツシールがある場合は、それを真ん中にはります(なくてもOKです)

【2】折れ線にそって、真ん中1cmくらい残して切る。
(ドッツを貼った場合はシールまで)

折り紙で風車の作り方2

【3】カドに糊をつけて中心にむけて貼っていく。

折り紙で風車の作り方3

▼四角ぜんぶ貼っていきます。

▼ドッツシール余ってたので貼りました。(なくてもOKです)

【4】真ん中に穴をあけて、切った綿棒をさす。

折り紙で風車の作り方4

穴は、千枚通し(100均)かつまようじ、シャーペンの先などで開けれます。
綿棒は半分に切って片方だけ穴にさします。

【5】ストローにさして、完成

折り紙とストローでつくった風車

くるくるよく回ります♪

かざぐるまを作ったら、
ふ〜っと長く回させて
呼吸の練習として使うのもオススメ↓
幼児の『怒りっぽい・あがり症・緊張』を落ち着かせる深呼吸の教え方

▼台もつくってみました。
家にあった紙コップ切って、娘の紙粘土を入れただけです。

このまま玄関に置いて、
子供がでかける前に「ふ〜〜」と深呼吸の練習に使ってます。

折り紙以外で、
風車の小物が欲しい場合は、こちらがオシャレ▼


それでは、
簡単なかざぐるまの作り方でした。
たくさん作ってみてくださいね!

オススメ記事