潜在意識・こころ

子供に幽霊が見えるのはなぜ?幽霊と遊ぶ子供に見えなくする方法とは

こんにちは、見える人によく出会うalpapa(アルパパ)です。(@alpapa11)

どうやら幼児に見える子は多いようですが、なぜ子供は幽霊が見えるのか?
見える子たちの関係者に聞いた話と、うちの子にも起こった不思議な体験談です。
そして、もし気になるママがいたら見えなくする方法もご紹介します。

Sponsored Links

幼児には幽霊が見えている?

教育・幼児関係のお仕事の方と話をすると、よく天才児の話を聞きますが、こんな話もよく聞きます。

それは、いつの時代も一定数いる「見える子」の話….。

研究している方の話だと、ここ10~20年で急激にこういう子が増えているんだとか。

もともと誰もがもっていると言われる見える力。

時代がスピリチュアル的な事に対して寛容的になったせいか、幼児期にそういった能力を封印せず(子供は否定されるとどんな能力でも発揮しなくなります)カミングアウトできるようになったせいもあるのかな?と個人的には思います。

とりわけ感受性の高い彼らの話は時に大人を感動させたり恐怖させたりしますが、

今回は、見える子に詳しい方に直接聞いた話と、うちの子が1歳ごろとっていた不思議な行動のお話です。

なぜ子供は幽霊が見えるのか

これは、見える子たちや生まれる前の記憶を持っている子たちに関わるお仕事の方に聞いたのですが、なぜ子供には幽霊が見えるのか?を一言でいうと、

「子供は空からきたから」だそうです。

子供はもともとあっちから来たから、
生まれてから3歳ごろまでは、まだこっちよりあっちと近い。

子供って「神様とか幽霊とは何か」を教えなくても、2歳くらいの子に「神様がいるよ」と言うだけで何の疑いもなくすんなり「そっかー」と納得する。

霊的な存在と近いところから来たから、神様とかどんなものか説明しなくても感覚的に知ってる

だ、そうです。

そういえば不思議ですよね、神様の概念なんて大人でもうまく説明できないのに2歳児に何の前置きもなく「神様」というだけで伝わる。

神様や霊的なものは、子供の方が詳しいから。

少し前までそこにたし。

何か覚えてなくても感覚的にまだ近いから、ということのようです。

それから、もう一つ興味深い事を聞きました、ママに対するアドバイスですが、いろんな意味で「地に足をつけて育てること」が大切のようです。

私も妊娠中にこんなアドバイスを受けました。

「小さいうちは、なるべく1階の地面に近いところで長く過ごさせてあげて。空から来た子たちだから、地上とのつながりがまだ弱い、高いところばかりで過ごすと空に帰っちゃう子がいる。マンションで上の階に住んでるママは、公園とか頻繁に出かけて地に足をつけて遊ばせてあげて」

なるほど、
霊的な意味でも公園遊びは子供に良いとは知らなかった、公園万能すぎる!

高層階に住んでいるほど流産率が上がるというデータがありますが、怖いですよね、、6階以上に住んでいる妊婦さんの原因不明の流産率の高さ
空に帰ってしまってたんですね・・・。

6階以上とか4階以上とかいろいろ言われていますが、私が話した方は「3~4階以上、というか赤ちゃんは1階で育てて!」と言っていました。

3歳ごろまではあちらとのつながりがまだ強いというのも、私にとっては興味深いところです。

3歳といえば、潜在意識のバリアができるころ、右脳優位で生きていたのが左脳も活発になるころですね。

霊的な面でも3歳までというのは重要な時期のようです。

0~3歳を育てるママに知ってほしい事↓
3歳までの育て方で、子どもの人生は大きく変わる。3歳までの心と脳

幽霊が見えるのは幼児あるある?

こんな感じで「子供と不思議な存在」の話はよく聞くのですが、うちの子も、まるで幽霊が見えているかのような不思議な行動をする時期がありました。

私は見えないので遺伝ではなく、これって幼児あるあるでしょうか?
(ちなみに遺伝というパターンは多いようです….)

一体なにが見えているんだ….?

え? 何言い出すのこの子・・・

それってヤバいやつなんじゃ

かげーーーーーーーっ!!

よかった、、影だった。

そこに妖精が見えていると思うことにしました…。

それから、

こんな不思議な言動も、
2歳に近くにつれて言葉がはっきりして会話も成り立つようになると
自然となくなっていきました。

人間は言語を得ると他の何かを失うのかな?
なんて勝手に思っています。

子供は幽霊が見えると言いますが、妊娠した女性や40代からも霊感が強くなるという話があります、こちらはその体験談です↓
妊娠すると霊感が強くなる?こんな体験しました【女性と霊感の話】

幼児塾で幽霊を見えないように指導できる?

余談ですが、
1歳の頃こんなことがあったので
幼児塾の体験レッスンの時にやんわり聞いてみたら、すごく慣れた対応で

「ああ、それなら全然大丈夫ですよ〜、本人が嫌がってたら見えないようにできますから」と言っていて、普通に幼児あるあるな感じでした。

どんな方法で見えなくするかは聞きませんでしたが、幼児期、とりわけ3歳以下はとても暗示にかかりやすい時期、なので5分間暗示法などを使うのではないかな?と思いました。

引くほど効く5分暗示のやり方↓
魔法の【5分間暗示法】の効果は絶大!子供を叱りすぎた時のフォローにも

この5分間暗示法は、子供の言動、病気などあらゆることに効果があったと報告されている暗示法なので、幽霊を見えなくすることにも効果はあるはずです。

「〜しなくなる」という否定的な暗示を入れるのはダメとされるので暗示の言葉には注意して行ってください。

また、この暗示を行う時は愛情を入れることをお忘れなく!

塾の先生以外の方から聞いた話ですが、
見える子で本人がその能力を嫌がっている場合、
幼児期の間に「私はもう見ない、見たくない、見えない。」という決心をさせる
と自然と見えなくなっていくようです。

Sponsored Links

幽霊や霊的なものが見えても全く問題なし!

これは個人的な意見です。
わたし、地味に氣功に通ってるのですが、その教室では先生をはじめ、いわゆる「見える」方によく会います。

私は見えないタイプなので、その中にいるとむしろ見えない私の方が目がおかしいのでは?!と思うほどです(汗)

中でも多いのは
『大人になるまで自分が見えるってことを知らなかった!』という方。

こういう方は子供の頃の環境に恵まれていて、周りの大人がみんな優しく寛容的だったのでしょうね。

自分の見える世界を素直に言っても、その子のありのままを受け入れて誰も否定しなかったため、その能力を大人になっても保持できた、という事です。

これって素敵なことですよね。

例えば、
「おばあちゃん、あそこなんか光ってるよ!誰かこっち見てるよ!」
みたいに話してもおばあちゃん否定せず笑顔で「そうなのね〜、光ってるのね〜お友達かな〜」みたいに優しく対応してくれてたってことですね。

そんな風に育ってきて、
当然のように皆と同じものを見てるんだと思ってた…そうです。

見えても全く問題ないです。

人と違う世界をみている、
というのはある意味 誰もがそうです。

人は皆違います。
違うなりにお互いを思いあって共存していくのが社会です。

自分と違う事を否定する人、人との違いを受け入れない人とは大人になっても深入りしないに限ります。

幼児の間は見える子が多いようですが、自然に見えなくなります。
大人が「そんなの見えないよ」と教えるからです。

霊的な事に限らず、幼児は大人の何気ない一言で「あ、これは見えないんだ」「これは違うんだ」と自分の才能を一つづつ封印していきます。

逆に何気ない一言で才能を開花することもあります。

どんな個性の子にも、
常に愛情をもって声をかけるということを心がけたいですね。

オススメ記事