潜在意識・こころ

『できない!』と怒る2歳児&3歳児に言ってはいけない言葉

2歳3歳に言ってはいけない言葉

こんにちは、alpapa(@alpapa11)です。

イヤイヤ絶好調の2歳児、
幼児反抗期の3歳児、このあたりの子供は
思い通りにできないとぐずり倒す!

こんな時に絶対言ってはいけない言葉はコレです▼

Sponsored Links

できないと怒る2歳と3歳に言ってはいけない言葉

おもちゃで上手に遊べない!
何かをしようとして、うまくできない!
大泣きする2歳、3歳…。

こんな時、
絶対言ってはいけない言葉↓

『初めてなんだから、できなくて当たり前よ〜
初めはみんな、できないのよ』

これ、禁句です。

この頃の幼児は、
できると思ってやったり、
何かをして遊んでいる時に、
成功しているイメージのようなものを持っています。

つまり、
本当にできると思っています。

TVでバク転している体操選手をみたら、
2歳児は自分にもできると思います。
大人なら「自分にはできないわ〜」と、やろうとも思いませんし、やれと言われても「いや無理」とやる前にできないと諦めますが、

2歳児は、
自分も絶対できると思って真似します

そこで、やってみると
もちろんできないので
『できない!』とイライラして怒る。

こんな時こどもに、
みんなできないのよ・・・は禁句。

自分はできる、
できたい、と思っているので
できないというイメージを与えないでください。

一種の夢のようなものですから
子供のやりたい!という夢や目標に対して
『みんなできないから、できなくて当たり前』という、できないイメージを持たせないであげてください。

では、どうすればいいか?
どんな言葉をかければいいか?

それは、
その子の性格や状況次第なのですが、
共通してオススメできる対応方法は、

できるイメージに近づけてあげることです。

できるだけ成功するように、
助けたり、教えたり、
こっそり手伝って成功させてあげたり、

「そうね、したかったのね」と
共感して「できるようになるよ」と言ってあげたり、

できないイメージを与えず、
できるイメージに向かっていく対応をしてあげるのがGOODです。

「そっか、そっか、できなかったのね」とスキンシップをとって安心した後も「まだやる!」という向上心のある子には、一緒にやるとか、どうすればいいか一緒に考えるとか、ゴールに向かう方向へ持って行ってあげてください。

大人からみて、できなくて当然の事を「できない!」とグズられると「そんなのできなくて当たり前よ!」と言いたくなりますが、向上心やこだわりのある子ほど、こう言うと怒ります

逆に、やってみてうまくいかなくても、
深く考えず、次へ興味が移る2歳児もいますので、ここは個性です。

どんなタイプの子でも
幼児が心にもった目標に『できない』という言葉をかけないようにしましょう。

『できない!』と泣く幼児への禁句

⇒『初めてなんだから、できなくて当たり前、初めはみんなできないのよ〜』のようにできないイメージ与える言葉

幼児期の失敗体験の大切さ▼
打たれ強い子に育てるには?ある経験から育つ⇒打たれ強い心と弱い心

オススメ記事