想像力・脳トレ

幼児の直感力を鍛えるには【どっちゲーム】が最適!実例も紹介!

こんにちは、alpapa(アルパパ)です。(@alpapa11)

「直感力がある」というとなんだかスゴイ人のようなイメージがありますが、実は子どもが日常にやっている遊びで引くほどアップします。

子供の「直感力」を伸ば方法として、どっち遊び・当てっこゲームの応用編など遊び方をご紹介します!

Sponsored Link

直感力は鍛えることができる

『直感力』って何のために必要?
と、思うかもしれませんが、こういった

『目に見えないものや、聞こえないものを感じる力』はめちゃくちゃ役に立ちます

たとえば、

  • 人の気持ちや場の雰囲気を察する。
  • 物事の重要さ感じとる。
  • 危険を感知する。
  • ふとしたタイミングを逃さない

このなんとなくそう感じる
なんとなくこうしたほうがいいと思った、しかもそれで正解だった

という勘のいい人(運のいい人)がいますが、

この『感じる力』は、実は本来誰もが持っていて、しかも鍛えることができます。

直感力を鍛えるどっちゲームとは?

鍛え方はものすごく簡単で、
子供がよくやる「ど〜っちだ?」という遊びです。

ビー玉やおもちゃなどを片手に隠して、
「どっちにはいってると思う?」

これだけです。

どっち遊びに限らず、
見えないもの当てる遊びならなんでもOKです。

例えばお皿にふたをして、
「今日のおやつはなんでしょう?」でもOKですし、

お友達と会う前に、
「〇〇ちゃん、何色の服を着てくるかな?」でもOKですし、

買い物に行く前に、
「ママが今日作ろうと思ってるメニューは何でしょう?」でもOKです。

自己流で楽しんでください。

やり始めるとじわじわ感じてくると思いますが、

これを毎日やっていると
「うちの子、超能力者か…..!?」と思うほどよく当たるようになるのです。

ほんとに、なんでわかるんでしょう….。
子どもってみんな超能力者?!と思う時があると思います。

幼児の直感力は衰える?

娘が2歳になるくらいのころ、
よく当たるので面白がって毎日のようにやってました。
毎日やっていた期間は2~3週間くらいだったと思います。

それが、、

イヤイヤが始まり、サボりがちになり、ついにやらなくなって、
数ヶ月すぎた今「あ、そういえば最近やってない」と思い出したようにやってみたのですが

さっぱり当たらなくなってました(笑)

継続って大切ですね、
これを機にまた再開しようと思います。

幼児塾でも取り入れられるESPゲーム

なんだかうさんくさいなと思った方もいるかもしれませんが、この「どっち遊び/当てっこゲーム」は幼児塾のプログラムによく組み込まれる項目です。

ESP(超感覚的知覚/Extra Sensory Perception)ゲームとして、育児書などでもおすすめの遊びとして取り上げられています。

この遊びにひと工夫して、
「手をあててみる、触ってみる」ということをしてみるのも◎です。
こうすることによりよい刺激になります。

例えば塾では、先生が音楽にのってマジックボックスを出してきて〜♪
「みんな〜触ってみて、熱い?冷たい?な〜にがはいってるかな?」とか聞きます。

黒板においしそうなホットケーキとアイスクリームの絵をはって
「箱の中はホットケーキだと思う人〜?アイスだと思う人〜?」と聞くと、

子供たちは箱を触って「あったかい、ホットケーキだ!」「冷たい、アイスだ!」とこんな感じで当てっこをして、箱が開かれるのをわくわく見ています。

そして、本当に子どもってよく当てる…..。
彼らは何か見えてるんでしょうか?

どちらにせよこういった能力は、
未知の力を秘めている幼児期に遊びながら鍛えてあげたいですね。

「直感が優れていること、勘のいいこと」は大人になってからもあらゆる面で役に立ちます。

どっち遊び、当てっこゲームはどこでも簡単にできるので、ぜひやってあげてください。

Sponsored Link