絵本・読み聞かせ

【寝る前の絵本】寝る前の絵本はダメ?寝る前に読む絵本のスゴイ効果

寝る前の絵本はダメ、効果は?

こんにちは、alpapa(@alpapa11)です。

『絵本の読み聞かせ』
って寝る前はダメなの?
それとも効果的?

寝る前の絵本は、
一部避けた方がよい絵本のジャンルはありますが、トータルで考えてとても効果的です。

この記事では、
寝る前の絵本のスゴイ効果!と、
寝る前の絵本を3年続けて、
とても効果的だったと感じる体験談を紹介します。

寝る前におすすめの絵本や
避けるべき絵本などは目次からどうぞ▼

Sponsored Links

寝る前の絵本は、なぜダメ?

寝る前の絵本はダメ?

「寝る前の絵本ってダメなの?」

寝る前は読み聞かせに向かない!
いや、そんな事ないよ!
寝る前は効果的です。

と、専門家によっても
意見が分かれるようですが

親として読み聞かせを続けてきた経験から
『寝る前の絵本は全然ダメじゃない、むしろ効果的だった』と断言できます。

そもそも、
寝る前の絵本がダメと言われる理由は▼

絵本は頭が冴えてる朝の方がいい。
絵本の内容によっては嫌な夢を見る。
ワクワクして目が覚めてしまう。
寝てしまって読み聞かせできない。

ということなので、
ダメというより『絵本に向いてない時間』という感じですが、逆に、る前の読み聞かせだからこそ効果的な面も多いので紹介します。

寝る前の絵本の効果

寝る前の絵本の効果

寝る前の絵本の読み聞かせには
こんな効果があります▼

寝る前に聞いた事は、記憶と心に刷り込まれる。
親子のスキンシップで子供が安心する。
入眠儀式になる。

寝る前に聞いた事は、記憶と心に刷り込まれる。

記憶と睡眠は切ってもきれない関係。
脳は寝ている間に記憶を整理して定着させます。

その中でも寝る前に見聞きした情報というのは、日中に得た情報より、心に刷り込まれやすいのです。

たとえば、
「今日の朝食、何を食べた?」
「今日、家族と最初に話した内容は?」

これらを覚えてないのは、
記憶に定着する前に流れていったからです。

日中の記憶というのは、
脳がまとめる頃(睡眠中)には、
すでにバラバラに流され散らばっていて、定着させるのが大変です。

しかし寝る前に見聞きした事は、
まだ散らばっていないため、すんなり刷り込まれます。

このタイミングでぜひ、
子供の心に残したい言葉愛情安心感、などたっぷり心に入れてあげてください。

たとえ記憶していなくても
寝る前に得た情報は、潜在意識に蓄積されていきます。

ちなみに、学習的な面では
『暗記は寝る直前』は、もはや定番。

発表会やテスト前など、
子供が暗記しなければならない事があれば、要点をまとめさせて、寝る直前に頭に入れます。

そして、その後は
余計な情報を入れず即寝る!事が最も効果的です。

同じ理由で、
寝る前に子供を叱ったり、
ダメ出ししたりはいけません。
ダメだし内容が頭にこびりつき、子供の自己肯定感が下がります。

また大人も同様、
寝る前にスマホでネガティブな情報を読んだり、その日あった嫌な事を思いだしてから寝たりしていると、病みます…。

親子のスキンシップで子供が安心する。

パパやママに抱っこされながら、
ベッドで心地よく読んでもらう時間は、子供にとって最高のリラックスタイム。

入眠前にリラックスすることで
眠りに入りやすくなり、眠りの質も高くなります。

また、日中働いていて、
子供との時間がなかなか取れないママも
寝る前の1冊で子供を安心させてあげてください。親子の絆も深まります。

入眠儀式になる。

「絵本を読んだら電気を消して寝る」
これが習慣になると、絵本を読み終えたら子供は自然と寝るモードに切り替わるため、入眠儀式として効果的です。

Sponsored Links

寝る前におすすめの絵本

寝る前に得た情報は、
潜在意識に刷り込まれやすいので、なるべく心地よいものがオススメです。

また、 入眠を促す目的では、
こちらの絵本がおすすめ▼


ねむいねむいおはなし

月も空もおもちゃも「ねむい、ねむい」と
読んでいるこちらまでトロンと眠くなってしまう絵本です。


だいすき ぎゅっ ぎゅっ

子供はこの絵本のリズムに合わせて
「ぎゅっぎゅっ」と言いながらハグされるのが大好き。寝る前のスキンシップにぴったりの1冊です。


どこかで だれかが ねむくなる (世界傑作絵本シリーズ)

やさしい絵とリズムで「ねむる、ねむる、おやすみなさい」
子守唄の歌詞のような絵本です。

美しい絵や詩も寝る前にはぴったり▼
美しい絵本・アート系の絵本【子供に読み聞かせたいオススメ絵本】

寝る前に避けたほうがいい絵本の種類

寝る前にダメな絵本

子供の性格にもよりますが、
怖がりな子の場合は、おばけ、妖怪など、怖がるものは避けたほうが良いでしょう。

怖くて寝つけなくなったり、
おもらしの原因になります

また、寝る前は
頭がクールダウンしている事が大切。

興奮して眠れなくなるタイプの子は、
ワクワクする冒険ものなどは避け、
穏やかな気分になれるような絵本を選んであげてください。

ところで、
寝る前の絵本って、電気はどうしてるの?
という方はこちらをご参考ください▼
寝る前の絵本、電気は明るくしていいの?寝る前の読み聞かせライト

寝る前の絵本を続けて、効果的だった体験談

絵本と発達の影響
寝る前の絵本をつづけてよかった!
と思うことは多いですが、その中でも、

・想像力・感性が豊かになった。
・本好きな子になった。
・記憶力がよい子になった。

↑このあたりはすごく感じます。

図鑑なども大好きだったので、
どんどんいろんな知識も記憶していきましたし、新しい事やお話が知りたくて、また絵本を読みたがるようになりました。

また、発表会前などは、
寝る前に発表内容をザッと読み聞かせてから寝かせると、本当に数日で記憶してしまい、学習効果的にも◎でした。

たっぷり抱きしめて読み聞かせてたので、
娘は寝る前に家族でゴロゴロ絵本を読む時間が大好き。

精神的にもリラックスでき、
振り返ってみてもよい入眠儀式になっていたと感じます。

寝る前の絵本を続けた詳しい結果はこちら▼
【絵本の影響・体験談】寝る前の絵本を続けた結果、5歳になったら?

Sponsored Links

絵本だけじゃない、寝る前におすすめの事

寝る前の絵本の効果

『人は、寝る前に考えた通りの人間になる』
と、いわれるほど、
寝る前に見た事、聞いた事、話した事、イメージした事、これらは潜在意識に刷り込まれやすいです。

この寝る前はぜひ、
プラスの刷り込みをしてあげてください。

たとえば、
・五分間暗示
・大好きだよ、と伝える
・今日楽しかった事を聞く、などです。

寝入りの会話で
「今日一番楽しかったことは何?」と
1日を振り返り、楽しかったことを寝る直前に頭で再生することで、心が良い記憶でいっぱいになっていきます。

逆に、寝る前は嫌なことを思い出させないようにしてあげてくださいね。

エジソンの母もやっていたという
5分間暗示法はこちら▼
エジソンの母もやっていた!【五分間暗示法】寝がけのプラス暗示

大人も子供も、
寝る前のゴールデンタイムは上手に使いましょう♪

それでは、
寝る前の絵本の効果でした。

絵本の読み聞かせ自体の効果については、こちらをご参考ください。
【絵本の効果】絵本をたくさん読んだ子が小1になった結果こうなった

オススメ記事