潜在意識・こころ

5分間暗示法、効果すごかった。1年後こうなった!

こんにちは、alpapa(アルパパ)です。(@alpapa11)

去年ブログに書いた「魔法の5分間暗示法」あれから1年ほどたって、
やはりすごい効果があったので結果レポートします!

Sponsored Links

5分間暗示法とは?

「5分間暗示法」とは子供(特に幼児に効きます)にかける暗示で、子供の能力、態度、性格などあらゆる面での改善&開発に使われる愛の暗示法です。

胎教や自己暗示でも似たような暗示法がありますが、「5分間暗示法」は主に年齢の低い幼児にむけて行われるシンプルな方法で、効果の強い暗示法です。

通称「5分暗示」やり方についてはこちらの記事をご覧ください↓

魔法の【5分間暗示法】の効果は絶大!子供を叱りすぎた時のフォローにも

すごく効くので必ず『注意事項』を読んでから行ってください。
親のエゴで無茶な暗示は入れないように!

5分間暗示法の効果・1年後

前の記事でも「5分暗示の体験談」と「我が家の最強の暗示」を書かせていただいたのですが、あれからかれこれ1年でしょうか、たまに1~2ヶ月暗示をかけるのを忘れたりしてましたが、なんだかんだで「愛の暗示」を続けていました。

そこで、もう3歳になる娘を見ていて、なんだか他の子と少し違うところがあるような、能力的なことではないのですが

5分暗示のおかげか、
うちの子、めちゃくちゃ運がいい

運のいい子

まるで呼んでるかのように、運がいい。

我が家の暗示は主に、
幸せが集まるような暗示を入れています。

あまり「〜ができてすごいね」とか「〜が上手だね」とか能力的な暗示はかけてないです、それより「良い出会いに恵まれて幸せです」とか「人を幸せにする力があります」という内容にしていました。

そのせいか、
日常のちょっとした事なんですが、人から親切にしていただくことがすごく多い

運がいい出来事

お散歩やお出かけでも、
すれ違う人から優しくされたり、ちょっとしたものをもらったり、

運がいい出来事2

世間の方々は子供に優しいなぁ
東京って本当に子育てしやすい街だなぁ、
と日々思うほど、娘といると人から親切にされます。

嬉しい偶然やタイミングの良いことが多く、
ちょっとした毎日の「嬉しい・楽しい」がたくさんあります。

運がいい出来事3

出先で新しい友達を作るのも得意で、
ほんと人運がいい
いい人たちに出会う確率が高い。

「私も3歳の頃こんな風に楽しく過ごせたらなぁ」なんて思ってしまうほどです。

日常のちょとしたことなのですが、
ラッキーなことが多く、だいたい毎日ご機嫌で過ごせています。

そして「今日もいいことあったね〜、楽しかったね〜」と帰ってくるので、平日に1日5分やっているプリントなどの取り組みも順調に行えてます。

これって幸せが集まる暗示のおかげ

もちろんまだ小さいので気分にムラはありますが、

「嬉しいことが多い」
「良い人と出会えた」
「楽しい経験ができた」

日常のちょっとしたことですが、
これって実はとても大切なことで、この毎日の積み重ねが幼児の「心の基盤」になります。

5分暗示は、主に子供の才能を引き出したり、心を癒したりする目的で行うママが多いですが、こういうことにも効果があるんだなぁと実感しています。

ピンときた方は、暗示の方法を読んで試してみてくださいね。

こちらもご参考ください↓

愛される子に育てるには?愛されている子の特徴は幼児期の記憶にあり!

Sponsored Links

暗示は潜在意識に入れる情報

5分間暗示は子供が寝てから30分以内の
「レム睡眠」のころがもっともよく効くといわれていますが、やってみた感覚では、3歳までは、いつでも効きている感じがしました。

もちろん3歳をすぎても効きますが、効き目はゆっくりになった感覚があります。

これは、3歳ごろに作られるクリティカル・ファクターという潜在意識バリアの影響もあるような気がします。

3歳以下の子供は、潜在意識にバリアがなく、大人が入れる暗示にものすごくかかりやすいです。

そして6歳ごろまではこのバリアは弱いので、同じく暗示にかかりやすいです。

5分暗示は寝ている時に行いますが、
3歳までは起きている時でも簡単に暗示にかかると思ってください。

しかし3歳ごろまでは、
起きている間は走り回っていたり、あちこち興味が飛んだりしているので、親も落ち着いて暗示をかけるのが難しいです。

その点においても、眠りの浅い間に行う5分間暗示法は効果的に働きます。

5分間暗示法のやり方

そして5分暗示で入れる言葉は、
まさに潜在意識への情報の刷り込みです。

幼児期は多くの愛の言葉を伝えてあげてください。
それらは深く潜在意識に流れ込んでいきます。

また6歳をすぎ、大人になっても、寝る直前、寝起き、というのは「潜在意識の扉が開かれる時間」と言われています。

「人は寝る前に考えた通りの人間になる」
「寝起きに考えたことで、その日が決まる」

このような事が言われるのは、
潜在意識の情報がいかに人に影響するのかを物語っています。

そしてこれを知っていれば、
育児のあらゆる場面に役立たせることができます。

例えば、
寝る直前に子供を叱って、嫌な気分のまま寝かせるのはよくありません。
寝起きも同じです。

寝る前は
「今日は〜して楽しかったね」と幸せな気持ちで眠りにつくこと。

朝、子供が起きてきたら
「昨日はどんないい事があった?」と聞いて、めざめに良い記憶を思い出させてあげること。

こういった寝る直前、寝起きは「良い思考をする」という癖を小さいうちにつけてあげてください。

この癖こそ、幸せになる習慣であり、
今後、何をやっていくにも安定した心の土台となってくれます。

オススメ記事