潜在意識・こころ

知っておきたい子供を静かにさせる方法、電車の前の1分で効果大

子供を静かにさせる方法と静かな遊び

「うるさい!静かにしなさい!」
電車や公共の場で子どもに騒がれると、ドッと疲れますね。

注意しても聞かない、
運が悪いと白い目で見る人もいる…

こんな、
すでに肩身の狭い思いをしたママさんへ
子供が劇的に静かになる方法があります。
次回からこの方法を試してから電車に乗ってください。

Sponsored Links

子供を静かにさせる方法、効果のある伝え方

子供が騒ぐ時の対処法

幼児に「静かにして!」「うるさい!」
と言ってもなかなか聞いてくれません。

これはなぜかというと、
「静かに」や「うるさい」という
言葉は幼児には抽象的でわからないからです。

ではどうずればいいかというと、
小さい子ほど可能な限り、
具体的な言葉で伝えてください。

例えば、
「静かに、うるさい」⇒
「アリさんの声」「赤ちゃんに話しかけるくらいの声」など、です

しかし!
具体的な言葉だけでは、
わかってもらえたとしても、
子供は、お手本や練習なしに急に実行する事が難しいのです。

こまかく注意するだけでなく、
実際に『どのくらい声』で話すか
一緒にやってみてください。

こんな感じです、

電車で騒ぐ子供を静かにさせる方法1

可能な限り具体的な言葉で、
声の大きさを伝えます。

電車で騒ぐ子供を静かにさせる方法2

具体的に注意するだけでなく、
実際に子供にその声で話させます。

この単純なステップを
電車に乗る前に試しておいてください。

騒ぎだしてテンションが上がってからでは聞かないので、必ず騒ぎ出す前にやっておく事がポイントです。

友達とお出かけする時など、
電車待ちの時間に一緒に練習させるとです。

この方法を試しておくと、
何もしてない時に比べ
確実にママが快適に電車にのれます!

また、車や電車の長旅、飛行機の場合は、
『静かに遊んでくれるお役立ちアイテム』を活用すると便利です、次項で紹介ます。

ちなみに、
「静かに!」と同じく、
『早くして、急いで』も伝わりません▼
子供の行動が遅い〜っ!時間感覚ゼロな子にGOODな時間管理方法

その他、子供はとても暗示にかかりやすいので、お出かけ前に「静かにできるよ」と前暗示をかけておくのも効果的です。

Sponsored Links

電車や飛行機で子供をおとなしくさせる工夫静かに遊ぶお役立ちアイテム

長く電車や飛行機に乗る場合の
『静かに遊んでくれるお役立ちアイテム』
は、こちらの3つがオススメ▼

・子供用ルービックキューブ

・コンパクトお絵描きクレヨン

・絵本&図鑑

大人しくなる順に紹介していきます。

子供をおとなしくさせるアイテム1『ルービックキューブ』

ルービックキューブ
ハマると本当におとなしくなります!

どれがいいか種類が多すぎて迷いますが
4~5歳用ならオススメは探すまでもなくこの2つ

元祖ルービックキューブ↑初心者は迷わずコレ

もう一つは、
マルニトイヤのスピードキューブ↑
幼児の知育にオススメNo.1、理由は楽にクルクル回しやすい&サイズも少し大きめだからです。

『ルービックキューブ』は株式会社メガハウスの商標のようで、スピードキューブやキューブパズルという名前で各社から販売されています。

探し出すとキリがないほど多いので、
幼児用なら迷わずこの2択です。

なお、7~8歳の賢い子〜大人には
メガハウスの3×3キューブがオススメ▼

迷ったらメガハウスが失敗なしです。

これで遊ぶと頭も疲れるので、
この後、しばらく寝てくれると最高です。

子供をおとなしくさせるアイテム2『コンパクトお絵描きセット』

お絵描きなんて荷物かさばりそう!
でも、これなら大丈夫です。

出先のお絵描きは
Pencoの1本で8色使えるクレヨンと、
小さいメモ帳やスケッチブックで完結▼

スケッチブックは100均でもいいですが、こんなふうに点線や図案が入っていて、子供が没頭しやすいものもオススメです▼

B6サイズなので飛行機の中でも使いやすいです。

子供をおとなしくさせるアイテム3『絵本&図鑑』

絵本は少し長めに電車に乗る時に
より静かにさせたいなら図鑑です。

おすすめの絵本はこちら▼
考えさせる絵本・3歳の『思考、想像、疑問』を誘い出すオススメ絵本

幼児~低学年の図鑑の中でおすすめは
『小学館の子ども図鑑プレNEO』シリーズ▼

それでは、
これからお出かけ予定の方は、アイテムをカバンに入れ、さっそく「アリさんの声」を練習させてみましょう♪

オススメ記事