知育

ひらがな練習になぞり書きは不要!ひらがな・なぞり書きはいつから?

ひらがなのなぞり書き練習

こんにちは、alpapa(@alpapa11)です。


『ひらがなの練習はいつから?』
子供の興味のあるなしにも関係しますが、一般的には3歳で読み、4~5歳で書きができるようになります。(教えれば…)


しかし目安といっても
本人に興味がなければ覚えませんし、
逆に興味を持ったら子供はすぐに覚えるので、焦らなくても大丈夫です。


では
『ひらがなのなぞり書きはいつから?』
ですが、なぞり書きって必要ないんじゃないか…と思います。


この記事では、
これからなぞり書きを始める子、
なぞり書きを嫌がるという子へ


なぞり書きしなくてもいい、
ひらがな練習方法を紹介します

Sponsored Links

ひらがなのなぞり書きが不要になる遊び

ひらがなのなぞり書き

ひらがなのなぞり書きは、
プリントやドリルが多く出ていますが、単純作業のせいか嫌がる子が多いです。

うちの子もほしいと言うから買ったのに、
ぜんぜんしませんでした。

結果、なぞり書きをしなくても、いつのまにか写し書きでひらがなを書いていたので、子供によってはなぞり書きは必要ないんじゃないかな?と思います。

さっそく本題で、
なぞり書きに興味ない子にオススメな
『なぞり書き不要になる遊び』はこちら▼

・めいろ
・点つなぎ(ドットつなぎ
)

なぞり書き不要になる遊びは
めいろ・点つなぎです。

ひらがなのなぞり書きをする前に、
これらでの遊びがオススメです。

幼児にひらがなの書き順を教えても、
めちゃくちゃな順番で書いたりしますが、最初はどこからどこに向かって線をひくのか?スタートとゴールの存在を気にしていません。

『書き順がちがう』と正されたりすると、
途端にやる気がなくなる子もいます。

ですので、まずは
めいろや、ドットつなぎで遊び、
スタート⇒ゴールの線を引く
●A⇒●Bを結ぶ
というように、ねらった方向に、ねらった線を引いてクリアするというゲームから入る方がスムーズです。

なにより、
なぞり書きは単純作業ですが
めいろ&点つなぎは頭と想像を使うゲーム

めいろで『どっちに行こう?』
ゴールについて『やったぁ!』
点をつないで『絵が見えてきた♪』
こんなふうに頭を使わせた方が、楽しんでやってくれます。

また、
3~4歳だと運筆が苦手な子がいますが、
そういう子に、いきなりなぞり書きをさせると嫌がります。

めいろも点つなぎも、
考えて鉛筆を進ませるので、良い運筆練習になります。

そして、めいろ&点つなぎで、
引きたい所に線が引けるようになれば、
なぞり書き不要、いきなり写し書きでOKです。

なぞり書きは、楽しんでする子ならどんどんさせてOKですが、正直、すすんでする子は少ないと思います。

ひらがな練習には、
めいろ&点つなぎ⇒写し書きがオススメ。

めいろドリルは
DAISOでも売ってたので見てきてくださいね。

ネットで買えるめいろのおすすめは
学研の幼児ワーク▼

点つなぎのドリルでは
七田式の「てんつなぎ」おすすめです▼

このドリルは出てくる絵がおもしろい!
少し難しめで4~5歳にオススメ▼


すでに運筆運動がよくできる子には、
『劇的にひらがながキレイになる』写し書きドリルがおすすめ▼

最後にまとめます▼

Sponsored Links

なぞり書きなし、ひらがな練習・まとめ

ひらがなのなぞり書きは、
子供が楽しんでないなら不要!

ひらがな練習には、
めいろ&点つなぎ遊び⇒写し書きがオススメ!

オススメ記事