想像力・脳トレ

ダリやアインシュタインの『カギの昼寝』で子供のようなひらめき脳へ

ダリの昼寝

こんにちは、alpapa(@alpapa11)です。


ダリやアインシュタインが行っていた
アイデアを出す方法『カギの昼寝』と、6歳までの子供の脳の話です。


「どうにもいい考えが浮かばない!」
「何かいい方法ないかな?」など、
アイデアや解決策が欲しい時、この方法をお試しください。

Sponsored Links

ダリの『カギの昼寝』と子供の脳波

人の脳波には、

子供の脳

の5つの状態があり、
6歳前までの幼児は主にシータとデルタの状態です。

幼児の脳のようにシータ波の時、
集中力がUPし学習に適している状態です。

つまり、
幼児は常に学習に適した状態なのです。

(なのでダラダラTVを見て過ごさせず、頭や手足・体を使って遊ばせてね!)

この状態の時、脳は、
ひらめきや直感も鋭くなるため、
ダリやアインシュタイン、アリストテレスなど歴史に名を残す偉人たちは、意図的に昼寝をしてまどろみ状態(θ波・つまり幼児の脳の状態)になり、ひらめきを得ようとしていたと言われています。

その『カギの昼寝』と呼ばれる
お昼寝の方法はこんな感じで、
ほんの1分程度です↓

【ダリのカギの昼寝】

ダリのカギの昼寝1
ダリのカギの昼寝2
ダリのカギの昼寝3

ダリ著書
“50 Secrets of Magic Craftsmanship”より

これだけです!
ぜひお試しください♪

今まで思いつかなかった発想、
どうすればいいか悩んでいた方法などが、瞬間的にひらめいたりします。

仕事や勉強だけでなく、
育児や人間関係、今日の夕飯思いつかない…などいろいろな場面で試してみてください。

ここで、
6歳までの幼児をもつママ、
先生など日常で子供と接する方に気をつけてほしい事があります。

6歳以下の子供のように、
シータとデルタの状態の時、
脳は入ってくる情報を選別できません

生まれてから6歳までの間は、デルタとシータの状態だ。
デルタとシータの状態の脳は、入ってくる情報をフィルタリングすることができない。

引用「潜在意識を変えれば、すべてうまくいく」/アレクサンダー・ロイド博士(著)

見聞きした言葉や情報に対して、
「これは興味あるから聞こう」とか
「これはママの冗談だからスルー」とか
そういう仕分けはせず、そのままを受け入れます。

言い情報も、悪い情報も、
簡単に自分に刷り込んでしまいます

6歳の男の子

ですので
「うちの子ほんとバカなの!」
なんて冗談を言って育てると、

本当に、
その通りに成長します。

6歳の少年

6歳ごろまでは
親の言葉に洗脳されている状態と思って育ててください。

(保育士さんや幼稚園の先生も言葉に気をつけてください)

子供は6歳までは、
頭に入れた言葉(情報)通りにプログラムされていきます。

どんな言葉の環境で育つかは大切です。
子供が幸せを感じるような言葉をかけて育ててあげてくださいね!

ママは絶対知るべき!6歳までの子供の脳と心、今日からの育児を変える

3歳までの育て方で、子どもの人生は大きく変わる。3歳までの心と脳

オススメ記事