その他

【産婦人科のお祝い膳】東京の産婦人科のご飯は豪華なところが多い?

産婦人科の豪華なお祝い膳、東京

こんにちは、alpapa(@alpapa11)です。

ネットに上げられてる豪華なお祝い膳、
いいですよね〜。

都内の人気な産院は
確かにステキなお祝い膳がでてくる所多いです、でもハッキリ(独断と偏見で)言いましょう。

豪華じゃなくてい!

その理由を、
だらだらと書きます。

ついでに私のお祝い膳も紹介します。

分娩する産婦人科をお探しの妊婦さん、
東京の産婦人科ってご飯が豪華なのー?と、ちょっと興味のある方、ひまつぶしに読んでいってください。

Sponsored Links

東京の産婦人科のご飯は豪華なの?

東京の産婦人科のご飯は豪華

23区内在住ですが、
周りのママ友の話を聞く限り、
みなさん、
ステキなお祝い膳✨だったようです^^

そんな中、
私のお祝い膳はこちら▼


???

そうです、
ご覧の通り
ウィダーinゼリー と、水。です。

いやむしろ
『水』がメインでした。

道で産んでません!
普通の都内の産院で産みました。

そして、
ウィダーinゼリーすら半分も口にできませんでした。

出産直後、
食べれる状態じゃなかった

私は不思議でならない、
ナゼ出産直後、固形物をバクバク食べれるのか。。。。

たぶん、
豪華なお祝い膳を出されても
楽しめるのは、若いママか、無痛分娩で産んだママ限定なのではないか…と思います。

私のように
若くも頑丈でもないくせに
自然分娩で産んだら、そんな余裕ないです。

出産は、
交通事故で全治1ヶ月のダメージ
を負うレベルといいますが、ほんとそんな感覚でした。

交通事故にあった直後に食事

と、考えるとわかりやすいと思います。

豪華なご飯を楽しめる状態じゃない!

私の出産直後の様子ですが、
出産時の出血多量で
寒い、寒い、とガタガタふるえ、毛布でぐるぐる巻きにされてベッドごと病室へ運ばれ、

しばらく
「無」のような状態になっていたものの
「赤ちゃんがみたい…」と新生児室へ運んでもらって安堵..

病室へ戻り、
そのあと食事だったのですが、
座るだけでもしんどく、会陰切開の縫合も痛いし、いきみすぎて全身筋肉痛でギリギリ痛い。。

出産した病院は、小さい産院で、
ぜんぜん豪華ではなかったですが
ガッツリ定食のような栄養満点の料理!が用意されていました。

高校男子が大喜びしそうな、
焼肉定食?的なメニューでした。

「少しは食べてね!」と
何度も助産婦さんに言われたのですが、、、無理…。食べるどころか、起き上がれない。。

ベッドごと起こされても、
お箸をもつエネルギーがない…。

そもそも分娩前は、
もしもの時の帝王切開にそなえて
丸1日以上、水も食事も抜いていたので、その直後にはきびしい。

結局、先生が旦那に
「なんか、ゼリーでもいいから、お母さんが食べれそうなもの買ってきてあげて!」と旦那がコンビニでプリンやらゼリーやらを買ってきたのですが、

その中で、
がんばって口にできたのは、これ。

現実ってこんなもんです。

焼肉定食は
私の代わりに旦那が完食。

仮に、
豪華なお祝い膳が出されても
全くもって、食を楽しめる気分じゃなかったです。

写真くらいは取れるかもしれませんが、
内臓、それどころじゃない。

ということで、
豪華じゃなくていい!
ここで豪華なのはもったいない。

特に20代を過ぎて
体力に自信のない
自然分娩を予定しているママは、
産院のメニューやエステオプションにこだわる必要ないと思います。

どうせ使わず終わる可能性高いです。

そしてですね、
そもそも豪華な産婦人科は
予約がぜんぜん取れませんでした、その理由はつづきで。

Sponsored Links

豪華な東京の産婦人科は、どこもキャンセル待ち

東京の産婦人科

豪華なところだけではなく
評判が良い23区内の産院は、初診のあとすぐじゃないと分娩予約が取れません

実は、
私が初診を受けた産婦人科は、
実はすごーく豪華で無痛もOKでした。

ホテルのような産院で、
美人な助産婦さんたち。

コース料理の豪華なお祝い膳、
エステにマッサージ、マタニティヨガ、入院中いつでも無料で使えるカフェなどあり、

妊娠が初めてだった私は
「すごい、産婦人科ってこんなのなんだ〜」と驚きでした。

でも、子供ができるなら
今の家じゃ狭い、生まれる前に引っ越そう、と都内で子育てがしやすいエリアに引っ越し。

そして、それから大変でした…

かたっぱしから最寄りの産婦人科に電話をかけても、分娩予約がとれない!

引っ越し先から通えそうな産婦人科10件以上かけたけど、分娩予約どころか全部キャンセル待ち状態でした。

しかたなく範囲を広げ
小さな産院でやっと予約がとれました。

あとで先輩ママたちに聞いたら
初診のあとすぐに分娩予約を取らないと、あっというまに予約が埋まるんですって…

途中で産婦人科を変えると、
分娩予約を確保するのに大変です、ご注意を。

それにしても
少子化って嘘でしょ∑( ̄[] ̄;)
と、思いました。

近所のママさんは
「私が産んだ病院は、新生児室から赤ちゃんあふれて、廊下にもベッドでてたよ〜(笑)」といってました。

一方、
私が出産した小さな産院は、
地元で代々やっている小さな産婦人科でしたが、そこでも毎日3〜4人生まれてました。

そこは、豪華なお祝い膳も
エステもマッサージもなく、
お風呂もシャワーボックスだけでした。

初診の産院との違いに
少しガッカリしましたが、

先生は腕がいいと評判で、
助産婦さんたちも
ベテラン揃いで優しかったので「この産院で産めてよかった」と思いました。

お風呂ですが、
シャワーボックスの方が楽です。

産後、腰を引きずるように入ったので、
座ったり立ったりが辛い!
シャワーボックスの壁にもたれて、手すりに掴まりながらシャワーを浴びたのですが、なんとなく「こういう状況になるからシャワーボックスにしてあるのか..」と思いました。

一気に抜けたと、
悪露のが足元にうずまき
まるで殺人現場のような光景でした( ̄◇ ̄;)


えぇ、もう
素敵なお風呂じゃなくて全然いいですよ。

食事もエステも
体が回復してこそ楽しめるものだと思います。

ということで、
『豪華な産院じゃなくていい!』
と思った体験談でした。

豪華な食事やオプションより、
先生の腕や対応、家族の宿泊OKか、
また、無痛分娩できるかどうかを気にする方がオススメです。

無痛か自然かで迷っている時に
無痛OKの産院で予約が取れなかったこともあり、

「一生に一度くらいは出産の痛みを
経験してみるのもいいな、費用も安いし」
と自然分娩にしましたが、私にはちょっと無茶な選択でした。

初産で痛感したことは、
若くも体力もない人は、
自然分娩ダメージが大きすぎる!です。

でもね・・・
無痛は無痛で、不安な情報も多く、
「1ミリでも赤ちゃんへのリスクを避けたい…」という気持ちもあり、結局、どっちかすごく迷いますよね。

自然か無痛かで迷っている方は
こちらもご参考ください▼
【自然分娩か無痛分娩】どちからで迷ったら読んでほしいママ達の体験談

ちなみに、
お腹を痛めて産んだ方が愛しい、
なんてこと全く関係ないです。

どっちで産んでも
お産は大変!

それでは、
ご参考になれば幸いです〜。

会陰切開予定の方は
こちらもご参考ください▼
【体験談】会陰マッサージの効果は?会陰切開は痛くない!痛いのは縫合…


オススメ記事