ママの健康

【自然分娩のメリットは?】自然と無痛どちらかで迷ったら読んでほしい体験談

自然分娩のメリット

こんにちは、alpapa(@alpapa11)です。

自然分娩か、無痛分娩、
どちらかで迷いますよね。

わたしは自然分娩で産みましたが、
正直、無痛分娩にしておけばよかった…というのが結果です。

個人的な意見ですが、
都内のママさんは高齢出産が多いということもあり、ママ友の7割は「帝王切開か無痛分娩」で産んでいます。

もちろん、自然分娩のママもいますが、
そのほとんどが20代〜35才までの若いママでした。

私の体験談や
先輩ママたちに聞いた
自然分娩メリット・デメリットを紹介します。

迷っているママはご参考ください。

Sponsored Links

自然分娩のメリットとデメリット

自然分娩のメリットとデメリット

自然分娩のメリットは、
●費用が安い事
●分娩予約がとりやすい事


自然分娩のデメリットは、
●出産のダメージが大きすぎる
●精神的な消耗が激しい

です!

自然分娩か無痛分娩かで迷う時、
無痛分娩の麻酔による副作用
胎児への影響は心配で自然分娩する方も多いと思いますが

可能性としてはとても低く、
出産する以上「危険性を伴う」という事は避けれないのでここでは省きます。

また
「お腹を痛めて産んだ方が愛しい」
ということは全然関係ないです。

自然でも無痛でも帝王切開でも
我が子の愛しさは変わりません。

自然分娩のメリットは費用?

自然分娩の費用

自然分娩のメリットは、
なんといっても費用が安い事です。

都内で出産の場合、
分娩費用は平均60〜70万円で、
無痛分娩になると+10〜20万です。

しかし、
そもそも無痛分娩を行っている産院は限られていて、分娩予約がとりずらく、また人気のため毎月の検診もかなり待たされる事が多いです。

その点、
自然分娩の産院・助産院は、
多くの中から選べて分娩予約もとりやすいのがメリットです。

Sponsored Links

自然分娩のデメリット、産後を考えたら無痛が妥当?

自然分娩の痛み

自然分娩の最大のデメリットは
出産のダメージが大きすぎる!です。

もし、もう若くなくて
体力にも自信がない方なら、無痛分娩の方が無難かと思います。

出産は、
交通事故で全治1ヶ月のレベル
と言われますが、本当にそんな感覚です。

自然分娩だと、
それを麻酔なしの生身で受けることになります。

「痛みを乗り越えて産む喜び、
痛い思いして産むほど愛しい…」
という意見も一部わかりますが、

出産後すぐに
授乳、沐浴、オムツ、夜泣き、と
大量のタスクをこなす事になるため、ダメージが強いと愛しさより混乱が勝るよ。。が正直な感想です。

私は産後、
ベッドに然横たわりながら..
ごめん赤ちゃん、ママ使いものにならなくて、、(悲)と思ってました。

「無痛分娩にしておけば、
もっと赤ちゃんの事だけ考えてあげれたのに」と思います。

私の場合、
本心はこれでした。

若くも強くもないのに、
ほんと、無茶しなきゃよかった…
遠くてもいいから無痛の産院まで通えばよかった。

次に産むことになったら、
ぜっっっったいに無痛分娩にして、
産んですぐ「わかいい、かわいい、愛しい!!」と喜び散らしたいものです。

私と同じくママ友たちも
アラフォー・アラフィフママが多いですが
自然分娩で産んだと言うと「えー、それは大変だったね!」と言われます。

「無痛分娩、どうだった?」
と聞くと
「楽だったよ〜、翌日から赤ちゃんのお世話も余裕あるよっ」
「無理せず次は無痛にしなよ」
と言われます。

ですよね…。

無痛分娩には、
完全無痛と緩和無痛があるらしく、
中には無痛なのに痛かったと、
会陰切開のときだけ激痛!というママもいるので、こちらご参考ください▼
【会陰切開の痛くない】でも、会陰切開後の痛みは抜糸するまでピーク

さんざんデメリットを書いたのですが、
でも、もしあなたが
こんな方なら自然分娩をオススメします▼

Sponsored Links

自然分娩の方がいいママはどんな人?

若いママ

こんなママなら、
自然分娩でもぜんぜん大丈夫だと思います▼

●若い(20代)
●体力に自信がある
●一生に一度くらいは「出産」の痛みを経験してみたい

お産は個人差が激しいのですが
とんでもなく安産なケースを紹介します▼

私が入院していた産院で、
夜中にバタバタと運ばれてきた妊婦さん。

私は病室で横たわりながら
「あ、分娩かな…」と思ってました。

翌朝、食事が運ばれ
「少しは食べれてる?」
と、見に来た助産婦さん。

朝食に手をつけれず
ボケ〜っとしている私の部屋の横を
「これ、ごちそうさまでしたーっ」
と、食べ終わったお盆をもって
スタスタ歩いているパジャマ姿の女性がいました。

パッと目があうと
軽く「どーもー^^」と会釈して、
スタスタ歩き去っていく、

すると助産婦さんが
「あの子、昨日の夜に運ばれてきて、着いて15分で産んだのよ〜、23才ですって〜」

なんと、、15分で!!
もう元気に歩いてる・・∑( ̄[] ̄;)!!

これが若さというものかっ!!

その方は、
すでに全回復のごとく普通でした。

産んだ翌朝に普通に歩ける。
ご飯もモリモリ食べれる。

こんな人もいるんだなぁ、
これだけ元気に産めるな方なら
無痛分娩は必要ないな、と思います。

自然か無痛、
ご自分の体力との相談です。

出産後、大変な毎日がはじまるので
もし体調を崩した時にた頼れる家族がいるか、実家は近いか、なども重要ですね。

自然でも無痛でも帝王切開でも
母子の健康第一です!

ご参考になれば幸いです。

妊娠中にこちらもどうぞ▼
ドーマン博士の赤ちゃん教育は、妊娠中に知ってるだけで育児が変わる!


【体験談】会陰マッサージの効果は?会陰切開は痛くない!痛いのは縫合…

オススメ記事