ママの心と健康 PR

親になって変わったこと・わかったこと②毒親の多くは普通の親

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
親になってわかったこと

こんにちは、alpapa(@mamaschool_mei)です。

親になって変わったこと
親になってわかったこと、その②です。

さっそくですが、
alpapaの親はプチ毒親です(笑)

ド級の毒親ではありませんでしたが
じわじわと毒々しい親でした😂

よく
「親になったら親の気持ちがわかる」
「親に感謝するようになる」とかいいますが、私の場合は真逆でした。

自分が親になって
子供の心理について学んだり、コーチングを学ぶたび、自分の親への不満感がUPし…

感謝どころか「母よ、なんちゅう育て方してくれたのよ…」とイラッとしてしまいました😂

しかしながら我が子は、
私が育児の勉強をした甲斐あってか、
旦那が温厚なおかげか、
「あなた本当に私の子?」というくらい前向きにスクスク育ってます。

人間って、こんなに
のびのび育つものなのか…と少し驚くほどです。(勉強した知識、役に立った!)

そして、
子ども達をを見てて思うんですよ。

親になってわかったこと

子供ってこんなに可愛いのに、
笑って走ってくるだけで幸せなのに、
あんな雑な対応をしていた母って、あの人、どんだけ毎日苦しんでいたんだろう。

どんだけ
日常がつらかったんだろう。

そんな風に思うようになったら、
親への嫌悪感もいつのまにか消えて、
もぅいいや、過去は過去、と許せる(気にならなく)ようになりました。

以前は子供の頃の記憶といえば、
嫌な記憶が多かったですが、
不思議なことに、今は、自分の子供の頃を思い出すと、笑っている若い頃の母の顔が浮かびます。

大人になるにつれて
感情がどんどん上書きされて、
すっかり毒親扱いしていたけど、子どもの頃は、もっと素直に親のことが大好きだったんだ。ということを思い出しました。

それから、親との間にあったわだかまりがスーッと流れていった気がします。

3人を育てながら、
祖父母の介護をしていた母。

私も2人の子を育てていますが、
正直、いっぱいいっぱいで、絶対に3人を育てながら2人の介護までできる気がしません。

そりゃ毒も吐くよね…。

むしろよく発狂せず
毒を吐くくらいで乗り越えたなと。

毒親だったんじゃなくて、ただしんどかったんだなと思いました。

私は幼児コーチングの資格をとって
対面やブログ、インスタで育児情報について発信したり、育児相談をしていますが、

プチ毒親育ちのおかげで、
「我が子には幸せな幼少期を送ってほしい」と勉強して今があります。

つまり、
今こうして育児ブログを書いているのは、
毒親育ちのおかげです(笑)

親になってかわったことは、
毒親だと思ってた親も「育児がつらくなると毒くらい吐いて普通かもな〜」と思えるようになったことですね(笑)

ほんとに何事も、
自分の心がどう受け取るか次第ですね^^

親になって変わったこと・わかったこと①『人の見方が変わった話』

【子供の頃、親に言われて傷ついた言葉】子供を生きづらくする親の言葉

オススメ記事