知育

【選び取りカード】1歳の誕生日に占う子供の将来

こんにちは、絵描きママのalpapa(アルパパ)です。(@alpapa11)

娘の誕生日にオリジナル選び取りカードを描いたのでご紹介します^^
1歳のお誕生日パーティーに何をするか迷っているなら
「選び取り」はけっこう盛り上がります!

Sponsored Link

選び取りとはどんな行事?

「選び取り」とは何かというと
1歳のお誕生日に赤ちゃんが将来どのような人になるかを占う伝統行事です。
あくまで占いですが、これがけっこうワクワクして楽しいのです!

赤ちゃんの前にそろばんや筆、お金などのアイテムを並べ、
どれを最初に触ったかで将来を占います

最近ではアイテムの代わりにカードで行うのが主流になっていて、
選んだカードは記念に飾っておく家庭が増えています。

そろばんや辞書などは電子化していて実際のアイテムが家になかったりしますね。

我が家でも選んだカードを飾りました。
もうすこし大きくなったら、1歳の誕生日に自分が何を選んだのか話してあげようと思います。

選び取りカードの販売

いろんなカードが販売されてますが、
気に入ったものが見つからず自分で描きました▲

せっかくなので販売しようとminneとcreemaで出品しております(*^^*)。

ありがたいことに紹介してから多くのご注文をいただいております。
ご購入いただいたママさん達からも「誕生日会盛り上がりました!」「こんなパプニングがありました!」と素敵なエピソードを多数いただき、とても嬉しく幸せな気分になります^^

選び取りカードのおすすめポイント

なぜ実物でなくてカードにしたかというと、思い出としてしっかり保存ができるからです。

生まれてたった1年であっという間に増えたおもちゃに記念品に思い出。

今後もどんどん増えるし、忙しさで記憶も薄れがちです。
気がつけば「あれ、初めてパパって言ったの何ヶ月のころだっけ?」「初めての歩いたのはどこ?」となってしまいがちです、、
せめて1歳の誕生日の思い出は、しっかり覚えて保管したいと思いカードにしました。

しばらく飾ったあとは、汚れずかさばらず
本棚などでコンパクトに保管しやすいようケースとセットにしてあります。

色彩を覚えて感受性が豊かになりはじめた赤ちゃんへ、
好奇心をくすぐるようなカラフルな水彩で描きました。

現在お誕生日準備中のママさんにも気にっていただけると嬉しいです、ぜひご覧ください。

選び取りカードの種類と解釈法

  • ABACUS (そろばん):ビジネスの才能あり、起業家、事業成功。
  • MONEY (お金) : 裕福、資産家、財運に恵まれる人生。
  • BRUSH (筆) : 芸術家、文筆家、作家、勉強熱心。
  • DICTIONARY (辞書) : 研究者、博士、博学多才。
  • MARRIAGE (結婚):幸せな結婚、家庭円満、子宝に恵まれる。
  • BALLOON (風船):世界へ羽ばたく。
  • RULER (定規):建築家、しっかり者、将来大きな家を建てる。
  • MUSIC (音楽):音楽家、歌手、想像力豊か、人生を楽しむ人。
  • LIGHT (光):心に明かりを灯す人、人を助ける仕事、カウンセラー、メンター、聖職者etc

 選び取りカード・セットhttps://minne.com/items/14846674
選び取りカード・セット(まる角) https://minne.com/items/11760650

カードは全部で9枚です。

赤ちゃん行事は予想外のことが起こるのでおもしろく、選び取りもその解釈がさまざまです。

  • 最初に触ったカード
  • 一番長く持ってたカード
  • 特定のカードに一直進!
  • 2枚同時に触った!
  • なぜか1枚だけかじった…。

何が起こったかカードの裏にメモしておくと、後々よい思い出話になります。

例えばこんな赤ちゃん…

最初パッととそろばんカードを触ったけど、
やっぱり芸術家のカードに目が行き、最終的につかみあげた!

【この子の占い結果】
若くしてビジネスで大成功、そして晩年はゆるりと作家生活?!

こんな風に解釈して盛り上がります、祝いの席なのでめでたく解釈するのがお約束!
選び取りで出た占い結果はいつかお子さんにも伝えてあげてくださいね^^

Sponsored Link

選び取りで残ったカードは?

選び取りのあと残ったカードは、もしよろしければ絵本のように
声がけ用の絵フラッシュカードとしてご活用ください。
この知育ブログの記事でも紹介しているように、
子供の脳を育てるのは質のいい声がけです。
1歳の脳は、見るもの聞くもの何でもスポンジのように吸収します。

お誕生日という特別な日に、家族や友達と
「選び取り」というイベントをして楽しんだ事で、脳はとても良い刺激をうけています。
こどもに、記念日を教えるとすぐに日にちや曜日の感覚がつくのと同じで、
せっかくですのでこの日の刺激と関連づいている残りのカードも、
知育目的として活用してみてください。

各カードには説明しやすいように多めの情報量を描き込んであります。
絵本を読む時のように、それぞれの絵やモチーフの説明、
カードの意味を教えながら、たくさん声がけをしてあげてください。

例えばそろばんのカードでは
「このカードを選んだ子はビジネスセンスあり」の他にも
「そろばんはね東洋の計算機で、珠を移動させて計算するんだよ」という説明や
「ママの小さい頃はそろばん塾がたくさんあって、子供は暗算が得意だった」という話や
「やってみると楽しいよ!」という感情と結びつけた声がけなど、
あらゆる方向から説明してあげてください。

またこれは「1つの対象は多面的に見れる」ということを教えていることでもあります。

親からの質のいい声がけ、言葉のシャワーが脳を刺激し、子供の世界を広げます
この時期はただママの話を聞いているだけで、ものすごい量の情報を吸収しています。
3歳以下の子の脳はとても特殊な状態なのです↓

ママの声のトーンや顔の表情、話し方、膝の上の暖かさ、部屋の様子や外の季節感、家族の幸せな雰囲気、それら全てが子供の潜在意識にストンと流れて世界をつくっていきます。

ぜひ子供の知識と世界を広げるような声がけをたくさんしてあげてください。

それでは幸せなお誕生日をお過ごしください!

Sponsored Link